野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

6球団競合の西武ドラ1右腕、7年目へ心境吐露「やっと打者と向き合えるように」

2010年のドラフトで6球団が1位指名し、埼玉西武ライオンズに入団した大石達也投手。2014年は1軍での登板はなく、2015年はわずか3試合の登板にとどまった。だが昨シーズンは、キャリア最多の37試合に登板した2013年に次ぐ36登板。31回32/3を投げ、失点6、防御率1.71と安定した結果を残した。今季7年目のシーズンを迎える28歳は昨季の結果を経てどのような心境の変化があったのか。復活への手応えや新シーズンへの意気込みを語ってもらった。

大きな期待を寄せられながら「不安」と戦い続けてきた埼玉西武・大石

 2010年のドラフトで6球団が1位指名し、埼玉西武ライオンズに入団した大石達也投手。2014年は1軍での登板はなく、2015年はわずか3試合の登板にとどまった。だが昨シーズンは、キャリア最多の37試合に登板した2013年に次ぐ36登板。31回32/3を投げ、失点6、防御率1.71と安定した結果を残した。今季7年目のシーズンを迎える28歳は昨季の結果を経てどのような心境の変化があったのか。復活への手応えや新シーズンへの意気込みを語ってもらった。

「『何とかやれたかな』という感じです」

 昨季について話を聞くと、大石はそう答えた。入団した2011年から右肩痛に悩まされていたが、昨シーズンは痛みも出なかったという。「今までは毎日不安でしたが、肩の不安はなくなりました」。

 取り組んできたことに今までと変わりはないが、やってきたことがようやく自分のものになってきたと実感しているようだ。「何が正解だったのかは正直わかりません。自分のやってきたことを信じてやるしかないと思っています。昨シーズン、結果はよかったですが、特に変わったことはしていないです」。言葉の端々に、昨季の経験から得た自信をにじませた。

人気記事ランキング