野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田澤純一
  • 【田澤純一コラム第2回】元中日チェンの意外な記録、マーリンズ監督の意外な一面

【田澤純一コラム第2回】元中日チェンの意外な記録、マーリンズ監督の意外な一面

メジャー9年目の今季からマーリンズに移籍した田澤純一投手。2009年から8年を過ごしたレッドソックスでは、トミー・ジョン手術を経験しながら傘下2Aからメジャーまで這い上がり、2013年には守護神だった上原浩治投手(現カブス)と共に大車輪の働きで、ワールドシリーズ優勝に大きく貢献した。

新天地になじむ田澤、背番号「25」を選んだ理由とは

 メジャー9年目の今季からマーリンズに移籍した田澤純一投手。2009年から8年を過ごしたレッドソックスでは、トミー・ジョン手術を経験しながら傘下2Aからメジャーまで這い上がり、2013年には守護神だった上原浩治投手(現カブス)と共に大車輪の働きで、ワールドシリーズ優勝に大きく貢献した。

 信頼できる救援投手としてメジャーに定着した右腕が、現地から生の声をお届けする連載コラム。第2回は、新しいチームメイトや監督の素顔、そして背番号25を選んだ理由についてリポートしてくれた。

———————————————

 マーリンズの田澤純一です。前回から始まったコラム、楽しんでいただけましたか? 開幕まで10日を切り、2月14日から始まったスプリングトレーニングも、いよいよ終盤です。

 終わりに近づいてきたスプリングトレーニングでは、怪我なく自分のペースで調整ができています。現時点でメジャーのオープン戦は4試合で登板しました。マイナーの試合でも投げているので実戦登板の数は少なくないと思います。自分の中ではよかったり悪かったりありますが、オープン戦では無失点。もちろん、結果や内容も大事ですが、今年は何より「なじむこと」を大切にしています。

人気記事ランキング

  • ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬