野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

1軍合流のホークス川崎 気になる起用法…可能性が高い守備位置&打順は?

ついにムネリンが戻ってくる。米MLBのカブスから6年ぶりにソフトバンクに復帰した川崎宗則内野手。今日28日のオリックス戦(京セラD)から1軍に合流する予定となっている。

2軍戦では打率.441をマーク、内外野を守るユーティリティー性備える

 ついにムネリンが戻ってくる。米MLBのカブスから6年ぶりにソフトバンクに復帰した川崎宗則内野手。今日28日のオリックス戦(京セラD)から1軍に合流する予定となっている。

 2日に入団会見を行った川崎はその後、ファームでウエスタンリーグに出場し、時差ボケの解消などコンディションを整えてきた。また、アメリカの投手に比べ、球持ちのいい日本の投手との「間」の違い、そして久々のプレーとなる人工芝への適応にも取り組んできた。

 ウエスタンリーグでは打率.441とハイアベレージを残してきた川崎。満を持しての1軍合流で、いきなりスタメン起用されるのか、注目が集まるところである。その川崎の起用法について、前日27日、工藤公康監督は「バリエーションが広がる」とコメント。ファームでは二塁、三塁、遊撃、左翼と複数のポジションに就き、感覚を養ってきた。ユーティリティー性を備えた川崎を、指揮官はいかに起用するのか、ここではチーム状況から川崎の起用法を占ってみたい。

 やはり、最も可能性が高いのは、当初の予想通り、二塁手だろうか。今季、二塁手で1番多くスタメン出場しているのは本多雄一の15試合。だが、その本多は、ここまで打率.214と状態が上がっておらず、23日の楽天戦(ヤフオクD)から4試合連続で先発から外れている。

 その4試合のうち3試合で二塁に入ったのは明石健志。4戦連続安打中で打率.375をマークと打撃好調の明石は、27日の日本ハム戦(ヤフオクD)では右翼で出場している(左の加藤が先発ということで、二塁には右打者の川島慶三が入った)。好調の明石をスタメンから外すのは勿体無く、外野で起用出来るとなると、二塁に川崎、明石を外野という起用法も見えてくる。川崎も左翼でプレーしており、二塁・明石、左翼・川崎というパターンも可能だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」