野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

最速155キロも目指すは「軟投派」 ドラフト上位候補右腕が掲げる理想とは

第48回明治神宮野球大会の出場をかけた第9回東北地区大学野球代表決定戦が21日、岩手県・花巻市営球場で始まった。仙台大は今秋ドラフト上位候補の馬場皐輔が8球団のスカウトの前で4安打完封。9回には自ら、小学生以来となる本塁打を放ち、3-0で決勝進出を決めた。

仙台大学・馬場皐輔【写真:高橋昌江】
仙台大学・馬場皐輔【写真:高橋昌江】

8球団スカウトを前に圧巻完封劇、ドラフト上位候補に挙がる仙台大・馬場

 第48回明治神宮野球大会の出場をかけた第9回東北地区大学野球代表決定戦が21日、岩手県・花巻市営球場で始まった。東北地方の大学3連盟から代表4校が出場。第1試合では仙台六大学野球連盟代表の仙台大と南東北大学野球連盟代表の東日本国際大が対戦。仙台大は今秋ドラフト上位候補の馬場皐輔が8球団のスカウトの前で4安打完封。9回には自ら、小学生以来となる本塁打を放ち、3-0で決勝進出を決めた。

 誰もが笑顔だった。というよりは、爆笑といった方がいいだろうか。9回、1死。馬場はやや泳ぎ気味でスイングしたが、打球はどんどん伸びてレフトスタンドにイン。スタンドもベンチも沸き立った。打った直後は笑顔だった馬場も「たまたま、まぐれなので」と試合後は苦笑い。本塁打よりも5回の無死一塁で犠打を決めたことの方を「チームのためにできた」と喜んだ。

 もちろん、投でも貢献した。

「ロースコア勝負を予想していた。監督さんやコーチからもピッチャーが粘れば打線に繋がってくると言われたので、今日はゼロにこだわった。先頭打者を出さないようにとか、なるべく相手に流れを渡さないようなピッチングを心がけ、粘り強くというのをテーマにやりました」

 9回を投げ、先頭打者は一度も出さず、与えた四球は1つ。ヒットもわずか4本に抑え、10奪三振完封。元ロッテ投手の坪井俊樹コーチから「打たせて、テンポよくできたんじゃないか」と言われたと話し、「今日は良かったかなと思います」と笑った。

 この秋、馬場のピッチングが変わった。以前までは自分の世界に入り込むタイプで、困ったら力勝負。それで辛酸をなめてきた。「2ストライクに追い込んでからストレートが高めに浮いたり、イニングの先頭打者になんとなく入ってノースリーにしたり」と本人が話すように、もどかしいピッチングが目に付いた。それがこの秋は状況に応じた投球ができるようになり、なおかつ、丁寧に投げられるようになった。

人気記事ランキング