野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

一時就職活動からドラフト候補へ 先輩・源田との対戦を夢見る23歳右腕

「野球からなるべく離れたい」――。そんな思いを抱き、就職活動をしていた選手が、今秋のドラフト指名を待っている。四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスでプレーする大蔵彰人投手(23)だ。

四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックス・大蔵彰人【写真:篠崎有理枝】
四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックス・大蔵彰人【写真:篠崎有理枝】

今秋のドラフト指名待つ23歳右腕・大蔵彰人

「野球からなるべく離れたい」――。そんな思いを抱き、就職活動をしていた選手が、今秋のドラフト指名を待っている。四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスでプレーする大蔵彰人投手(23)だ。

 大垣西高から愛知学院大に進学。189センチの長身から繰り出される直球と縦のカーブを武器に、1年の秋からリーグ戦に出場。2年春のリーグ戦では先発を任され、チームは3季ぶりとなる優勝に輝き、ベストナインを獲得。3年春のリーグ戦では、エースとしてチームを優勝に導きMVPを獲得するなど、輝かしい経歴を持つ。

 しかし、3年春に出場した全日本大学野球選手権では初戦敗退。対東亜大戦の2回、味方の2ランで2点を先制するも、8回に先頭打者を四球で歩かせた後、後続に打ち込まれて逆転を許した。

「味方が点を取ってくれて勝てる流れだったのに、自分の失投から点を取られました。自分のせいで負けました。それに、腰も痛めてしまって、しばらく立ち直れませんでした」

 その後、練習には参加していたものの、ボールを投げられない日々が続いた。そんな大蔵を支えたのは、木村孝監督とチームメートだった。木村監督は「お前は可能性がある」と声をかけ、チームメートは寮の部屋に来て「お前は野球をやったほうがいい。プロに行けるかもしれないんだから、続けろよ」と大蔵を励ました。だれも「お前のせいで負けた」という人はいなかった。

人気記事ランキング