野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

1年で球速10キロ増&150キロ超え 急成長でプロ注目、ドラフト待つ18歳の選択

憧れのNPBの舞台に1年でも早く立ちたいとの思いを秘めて独立リーグでプレーすることを選んだ選手が、運命の日を迎える。四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスでプレーする伊藤翔投手だ。

四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックス・伊藤翔【写真:篠崎有理枝】
四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックス・伊藤翔【写真:篠崎有理枝】

四国アイランドリーグで飛躍、プロ注目の伊藤翔はなぜ独立Lを選んだのか

 今月26日に開催されるプロ野球のドラフト会議。憧れのNPBの舞台に1年でも早く立ちたいとの思いを秘めて独立リーグでプレーすることを選んだ選手が、運命の日を迎える。四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスでプレーする伊藤翔投手は、今春千葉県の横芝敬愛高を卒業したばかりの18歳。複数の大学からの誘いがあったが、「4年間待つよりも、毎年勝負したい」と、独立リーグへの道を選んだ。今シーズンは152キロの速球を武器に、ルーキーながらエースとして活躍。チームの独立リーグ日本一を牽引した。

「独立リーグのことをあまりよく知らなかったので、最初は大学進学を考えていました。でも、いろいろな人から話を聞いて、大学4年間やって1発勝負より、独立リーグなら毎年勝負がかけられると思いました。高校の監督からも『お前の性格なら毎年勝負をかけたほうがいい』と言われました」

 両親も「好きな方へ行け」と背中を押してくれ、徳島インディゴソックス入りを決断。入団1年目ながらリーグ2位タイの8勝、防御率2.18の好成績を残した。

 高校生の時と大きく変わったところは「自分で考えるようになったこと」だと話す。6月には球速が152キロをマークしたが、これも自身で試行錯誤した結果だ。4月から5月の前期リーグ戦で調子が悪かったわけではなかったが、「もっと速い球を投げたい」と投げ方にアレンジを加えた結果、フォームを崩し球速は140キロ前後に落ちた。「後期に間に合わない」と焦ったが、前期のフォームを携帯の動画で見て徹底的に研究し、投球フォームを安定させた。

人気記事ランキング