野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

好投続ける西武19歳ルーキー、恩師が振り返る驚きの逸話「この子はすごいなと」

ここまでオープン戦で好投を続けている埼玉西武ライオンズのドラフト3位ルーキー、伊藤翔投手。千葉県の横芝敬愛高を卒業後、より早くプロ入りの夢を実現するために独立リーグ、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団し、1年目の昨季、最速152キロの速球を武器に独立リーグ日本一に貢献。そして、昨年のドラフトで見事にプロ入りの夢を果たした。19歳右腕の良さはどこにあるのか――。

昨年四国IL徳島で指揮した養父氏【写真:広尾晃】
昨年四国IL徳島で指揮した養父氏【写真:広尾晃】

西武ドラ3伊藤翔、恩師・養父氏が語る凄さとは

 ここまでオープン戦で好投を続けている埼玉西武ライオンズのドラフト3位ルーキー、伊藤翔投手。千葉県の横芝敬愛高を卒業後、より早くプロ入りの夢を実現するために独立リーグ、四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに入団し、1年目の昨季、最速152キロの速球を武器に独立リーグ日本一に貢献。そして、昨年のドラフトで見事にプロ入りの夢を果たした。19歳右腕の良さはどこにあるのか――。昨シーズン、徳島で監督を務め、現在は自身が代表を務める野球塾、ルーツベースアカデミーで子供たちの指導に当たる養父鐵氏に聞いた。

 養父氏は、伊藤の投球を初めて見た時「いいボールを投げるな」と思ったそうだが、それ以上に性格がプロに向いていると感じたという。同氏は、シーズン前に行った投手会での出来事を振り返る。

「一人ずつシーズンの目標を言わせました。投手陣の主軸、松本憲明が『僕がエースだから、みんなしっかりついてきてくれ』と言ったんですけど、伊藤は『僕がエースだとか言っていますが、エースは僕ですから。シーズンが終わった時にわかると思います』と言い放ったんです。高卒の新人が、先輩たちの前ですごいこと言うなと思いましたよ」

 伊藤はさらに「MVPを獲得して優勝する」と豪語したというが、その言葉通り、松本と並ぶリーグ2位タイの8勝を挙げ、独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップでMVPを獲得。ルーキーながらチームを日本一に導く活躍を見せ、有言実行を果たした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」