野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

プラスに捉える甲子園優勝投手の肩書き 昨夏V投手が大学で踏み出した一歩

昨夏の甲子園優勝投手である東北福祉大の綱脇慧投手(1年・花咲徳栄)が、30日の東北大との2回戦でリーグ戦デビューを果たした。初登板初先発で3イニングを投げ、1安打無失点。大舞台を経験してきた右腕は「楽しめた」と振り返った。試合は7-0の7回コールドで東北福祉大が勝利した。

東北福祉大・綱脇慧【写真:高橋昌江】
東北福祉大・綱脇慧【写真:高橋昌江】

昨夏優勝・花咲徳栄の綱脇が東北大戦でリーグデビュー

 昨夏の甲子園優勝投手である東北福祉大の綱脇慧投手(1年・花咲徳栄)が、30日の東北大との2回戦でリーグ戦デビューを果たした。初登板初先発で3イニングを投げ、1安打無失点。大舞台を経験してきた右腕は「楽しめた」と振り返った。試合は7-0の7回コールドで東北福祉大が勝利した。

 最速141キロの直球にスライダー、カーブを織り交ぜ、淡々と打者を打ち取っていった。3イニング、打者10人に投げ、奪った三振は1つ。許した安打は3回2死からの内野安打のみだった。綱脇は「あっという間に終わりました」と汗をぬぐい、「真っ直ぐは走りが良かった。次、投げることがあれば、変化球を修正したい」と課題を口にした。大塚光二監督(元西武)は「先発投手をあと1、2人、作っておかないと」と、リーグ戦の終盤、そしてその先の全国舞台を見据えて綱脇を起用。2回に2死から与えた四球に「あれはいらない。綱脇の良さはコントロール。まだまだ」と厳しいが、「それくらいのことを言ってもいいピッチャーだと思っている」という期待の表れだ。

 8か月前は花咲徳栄の2枚看板の1人として、4万人を超す大観衆の中心にいた。昨夏の甲子園。背番号は10番だったが全6試合に先発し、中日入りした清水達也投手につなぐ「勝利の方程式」で初優勝に貢献。プロ志望届を出したが指名はなく、花咲徳栄・岩井隆監督の母校である東北福祉大に進学した。3月には青山学院大、ホンダ、鷺宮製作所とのオープン戦に登板。失点を喫したが、ここでの反省を生かし、力まずに腕を振って投げることを意識。紅白戦で結果を出し、2日前にこの日の先発を告げられた。「やったー! と思いました」という綱脇。地方のリーグとあって観衆は多くないが、「先輩も声をかけてくれて、すごく楽しい雰囲気です。岩井監督から電話で『楽しんでこい』と言われ、楽しめました」と笑顔を見せた。

 甲子園優勝投手――。それが人生の重い十字架になる場合もあるが、綱脇は「そう見てもらえた方が気合いが入る。優勝したことをプラスに考えている」と頼もしい。また、相手を下に見ているわけではなく、自分を奮い立たせるために「甲子園の経験があるので、心の中では投げながら『打たれないだろう』と思っている」と語る。甲子園優勝投手の肩書きは、強気な攻めの姿勢を生んでいる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」