野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

明大の右腕・森下暢仁が語る 日本代表で得たもの、プロを選ばなかった理由

吉田輝星投手(金足農)や藤原恭大外野手、根尾昂内野手(大阪桐蔭)ら、夏の甲子園で活躍した選手たちに注目が集まった「第12回BFA U18アジア選手権」。侍ジャパンU-18代表は惜しくも3位に終わったが、大会前には8月28日に大学日本代表との壮行試合、翌29日には明大との練習試合が行われた。この2試合でU-18代表と対戦し、自身も高校時代に代表を経験、大学でも2年から代表に選出されている明大の3年生右腕、森下暢仁投手にU-18代表と対戦した印象や、自身が大学進学を決意した理由について聞いた。

明治大学・森下暢仁【写真:篠崎有理枝】
明治大学・森下暢仁【写真:篠崎有理枝】

U-18代表にも選ばれた金足農・吉田の投球数に理解「自分が同じ立場でも投げたいと思う」

 吉田輝星投手(金足農)や藤原恭大外野手、根尾昂内野手(大阪桐蔭)ら、夏の甲子園で活躍した選手たちに注目が集まった「第12回BFA U18アジア選手権」。侍ジャパンU-18代表は惜しくも3位に終わったが、大会前には8月28日に大学日本代表との壮行試合、翌29日には明大との練習試合が行われた。この2試合でU-18代表と対戦し、自身も高校時代に代表を経験、大学でも2年から代表に選出されている明大の3年生右腕、森下暢仁投手にU-18代表と対戦した印象や、自身が大学進学を決意した理由について聞いた。

 森下は大学日本代表として壮行試合の7回に登板し、相手打線を3者凡退に仕留め、翌日の練習試合では先発し、3回を無失点に抑える貫禄を見せつけた。

「しっかり抑えようと思いました。甲子園で活躍した藤原、根尾、小園(海斗・報徳学園)は、まず体つきが違いますし、自分のポイントでバッティングができているな、という印象でした」

 この2試合で吉田の登板はなかったが、夏の甲子園をテレビで観戦しており、高校生とは思えない投球だと感じたという。

「ストレートはいいものを持っていると感じました。体つき、球の質、スピード、すべてが自分が高校生の時とは違いました」

 森下は大分商1年の時に夏の甲子園出場を果たしたが、自身の登板機会は無く、吉田の活躍を羨ましく見ていたという。甲子園では吉田の投球数も話題になったが「自分が同じ立場でも投げたいと思う」と話す。

「めちゃめちゃ投げてるな……と思いました。自分も高校の時は結構投げていましたけど、大学生になった今は、2日連続で投げるのはしんどいだろうな、と思います。でも、自分が同じ立場だったら、投げさせてくれと言います。もし投げないで負けたら後悔する。今が大事だし、今やりたいと思ったら投げたくなる。悔いの残らないように投げてほしいと思いました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」