野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

明大の右腕・森下暢仁が語る 日本代表で得たもの、プロを選ばなかった理由

吉田輝星投手(金足農)や藤原恭大外野手、根尾昂内野手(大阪桐蔭)ら、夏の甲子園で活躍した選手たちに注目が集まった「第12回BFA U18アジア選手権」。侍ジャパンU-18代表は惜しくも3位に終わったが、大会前には8月28日に大学日本代表との壮行試合、翌29日には明大との練習試合が行われた。この2試合でU-18代表と対戦し、自身も高校時代に代表を経験、大学でも2年から代表に選出されている明大の3年生右腕、森下暢仁投手にU-18代表と対戦した印象や、自身が大学進学を決意した理由について聞いた。

大学で学ぶ配球や球の質「明治も代表も引っ張りたい」

 大学に進学してから、配球や球の質など自分の足りないところに気付いたといい「たくさん学ばせてもらっています」と、充実した表情を見せた。U-18代表メンバーの進路についても注目が集まっているが「自分の意思を大事にして」とメッセージを送る。

「ここまで注目されたらプロに行きたいという気持ちが強いと思います。プロでもできると思うけど、これからの人生は自分の意思が一番大事。そこは自分で決めて頑張ってほしいと思います」

 8日から、東京六大学野球秋季リーグ戦が始まった。

「2年も代表を経験させてもらっているので、明治でもチームを引っ張っていかなきゃいけないと思います。代表にもまた選ばれて、代表のチームも引っ張っていけるようにしたいです」

 来秋のドラフト候補は、残りの大学生活で更なる飛躍を誓い、プロ入りを目指す。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」