野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

“松坂世代”が作った新球団「堺シュライクス」来春独立リーグ参戦目指す

今、大阪府堺市で市民球団が、設立準備を進めている。9月に入って、チーム名も「堺シュライクス」と決定した。来春のBFL(ベースボール・ファースト・リーグ)への参戦を目指す。運営会社である「株式会社つくろう堺市民球団」の夏凪一仁代表取締役社長に話を聞いた。

「株式会社つくろう堺市民球団」の夏凪一仁代表取締役社長
「株式会社つくろう堺市民球団」の夏凪一仁代表取締役社長

運営会社の夏凪一仁代表取締役社長に聞く

 今、大阪府堺市で市民球団が、設立準備を進めている。9月に入って、チーム名も「堺シュライクス」と決定した。来春のBFL(ベースボール・ファースト・リーグ)への参戦を目指す。運営会社である「株式会社つくろう堺市民球団」の夏凪一仁代表取締役社長に話を聞いた。

 1981年3月生まれの「松坂世代」である夏凪社長は、異色の経歴を持つ。もともと野球経験者。堺ビッグボーイズから浪速高校を経て桃山学院大に進んだが、2年の時にヘルニアで野球を断念した。卒業後は人材広告企業のマイナビに就職し、11年間のサラリーマン生活を経て、2014年には大阪に飲食店を開業。店は順調だったが、マイナビ時代の後輩で、コンサルタント会社経営の松本祥太郎氏から、「堺市に野球チームを作らないか」と誘われた。

 松本氏が、BFLから引退した選手の就職のあっせんを依頼されたことが縁だったが、東京在住の松本氏が、大阪在住で旧知の仲の夏凪社長に相談。「『やろか!』と二つ返事で決めました」と夏凪社長は笑う。店もたたみ、2人の共同出資で運営会社を設立した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」