野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元銀行マン右腕がメキシコ球団と異例プロ契約 NPB球団経ずに四国ILから

昨年まで四国アイランドリーグplusの愛媛でプレーしていた元銀行マンの片山悠投手が、メキシカンリーグのペリコス・デ・プエブラと契約したことが6日、分かった。

メキシカンリーグのペリコス・デ・プエブラと契約した片山悠【写真:福岡吉央】
メキシカンリーグのペリコス・デ・プエブラと契約した片山悠【写真:福岡吉央】

今冬はコロンビアのウインターリーグで好成績

 昨年まで四国アイランドリーグplusの愛媛でプレーしていた元銀行マンの片山悠投手が、メキシカンリーグのペリコス・デ・プエブラと契約したことが6日、分かった。メキシカンリーグはメジャーの3Aレベルとされており、日本のNPB球団でのプレー経験がない選手がメキシコでの契約を勝ち取るのは異例のこと。今冬、コロンビアのウインターリーグでプレーし、好成績を残したことがメキシコ行きのオファーへと繋がった。

【動画】156、154、157…158キロ! ドジャースとマイナー契約、北方悠誠の投球映像

 東海大出身の片山は大学では野球部には所属せず、クラブチームで5年間プレーした。大学卒業後は都内で銀行に務めていたが、プロへの夢を捨てきれず、17年から四国IL愛媛でプレー。2年目の昨年には42試合3勝3敗、防御率リーグ2位の1.92という好成績を残した。コロンビアではトロス・デ・シンセレホで先発を任され、レギュラーシーズンでは10試合3勝0敗、防御率2.20の成績でチームのプレーオフ進出に大きく貢献。プレーオフではエースの座を任され、決勝では元ロッテのキューバ代表ロエル・サントス外野手、元阪神のネルソン・ペレス内野手、元DeNAのアウディ・シリアコ外野手らを擁するカイマネス・デ・バランキージャに惜しくも敗れたが、制球力のある安定したピッチングが、日本人投手を探していたプエブラ関係者の目に留まった。片山は当初、コロンビアでのプレーを最後に引退し、高校野球の監督を目指す予定だったが、思わぬ好オファーに現役続行を決めた。

 プエブラでは02年に所属した根鈴雄次外野手に続く、球団史上2人目の日本人。同リーグではこれまで佐野慈紀投手、マック鈴木投手、藪恵壹投手、山村路直投手、吉岡雄二内野手、岡本直也投手らがプレーしているが、NPBやメジャーでのプレー経験がある選手がほとんどで、日本の独立リーグ出身の片山のようなケースは稀だ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」