野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

BC栃木の前阪神・西岡剛、3安打3打点 ド派手な独立Lデビュー「体は動く」

昨季限りで阪神を退団し、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団した西岡剛内野手が6日、リーグ開幕戦で圧巻の独り舞台を演じた。茨城アストロプラネッツ戦(ひたちなか市民)に「1番・DH」で先発出場。3安打3打点で勝利に貢献しただけでなく、積極果敢なプレーでチームを鼓舞した。目標に掲げるNPB復帰に向け、これ以上ないスタートを切った。

開幕戦に「1番・DH」で先発出場したBC栃木・西岡剛【写真:小西亮】
開幕戦に「1番・DH」で先発出場したBC栃木・西岡剛【写真:小西亮】

「1番・DH」で圧巻の独り舞台、積極的な走塁で存在感発揮「幸せです」

 昨季限りで阪神を退団し、ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団した西岡剛内野手が6日、リーグ開幕戦で圧巻の独り舞台を演じた。茨城アストロプラネッツ戦(ひたちなか市民)に「1番・DH」で先発出場。3安打3打点で勝利に貢献しただけでなく、積極果敢なプレーでチームを鼓舞した。目標に掲げるNPB復帰に向け、これ以上ないスタートを切った。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 プレーボールの合図が”開演”の知らせだった。先頭で打席に入った1球目に、虚をつくセーフティーバント。西岡にとっては、一緒にプレーすることになった若手選手たちと、自分自身に向けた決意表明でもあった。「みんな、どれだけ自分の長所が分かっているかな」。過去16年間のプロ生活を振り返り、自らを輝かせてくれたのは“足”だった。今年35歳を迎えるとはいえ「自分の体は動いていると認識している」。惜しくもファウルとなったが、ベンチもスタンドも一気に沸いた。

 続く2球目は一転バット振り切り、右翼線への二塁打。2018年5月10日の巨人戦(東京D)以来、331日ぶりに公式戦での快音を奏でると、続く打者の浅い右飛で、迷わずタッチアップ。三塁手と交錯しながらも、ベースは譲らなかった。その後、相手の失策で本塁を踏み、先制攻撃の旗印に。「緊張感を楽しめた」と言う初陣の主役に躍り出た。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」