野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【野球と音楽・特別対談】ギター番長・古市コータローが元燕エース川崎憲次郎に明かす、熱きヤクルト愛

野球と音楽――。ほとんど接点を持たない2つの別世界に見えるが、意外や意外、野球界にはコアな音楽好きが多く、音楽業界にも熱狂的な野球ファンが溢れている。その2つの世界を融合させようというのが、おなじみのラジオ番組、Full-Countプレゼンツ「NO BASEBALL, NO LIFE.」だ。

ヤクルトで活躍した川崎憲次郎氏(右)と「THE COLLECTORS」の古市コータロー氏【写真:荒川祐史】
ヤクルトで活躍した川崎憲次郎氏(右)と「THE COLLECTORS」の古市コータロー氏【写真:荒川祐史】

ジャンルを超えたスペシャル対談の3部作、まずは“第1打席”から

 野球と音楽――。ほとんど接点を持たない2つの別世界に見えるが、意外や意外、野球界にはコアな音楽好きが多く、音楽業界にも熱狂的な野球ファンが溢れている。その2つの世界を融合させようというのが、おなじみのラジオ番組、Full-Countプレゼンツ「NO BASEBALL, NO LIFE.」だ。今回は「野球と音楽・特別対談」と題し、豪華な対談企画をお届け。記念すべき第1弾は、1990年代にヤクルトスワローズで活躍した右腕・川崎憲次郎、そして知る人ぞ知る筋金入りのヤクルトファンでもあるモッズバンド「THE COLLECTORS」の古市コータローが登場する。

 川崎憲次郎と言えば、1993年日本一に大貢献してMVPを獲得。1998年には17勝を挙げて沢村賞に輝くなど、ヤクルトのエースとして先発ローテを牽引した。一方、30年以上もヤクルトを応援し続ける古市コータローは、子供の頃にプロ野球選手を目指していたが、今では日本を代表するロックバンドのギタリストに。実は大のロック好きという川崎は、現役引退後に解説や後進育成に加え、地元大分のかぼす大使を務める忙しい日々を送るが、スケジュールの合間を縫ってライブに足を運んでいるという。進行役として「SCOOBIE DO」のオカモト”MOBY”タクヤと作曲家の成瀬英樹が参加。言葉を交わした瞬間から意気投合した対談の様子を、全3打席の真剣勝負でお届けする。まずは1打席目から。プレイボール!

【第1打席 記憶~古市コータローと川崎憲次郎の93年】

川崎「コータローさんは、もともと大のジャイアンツファンだったとお聞きしたのですが」

古市「大ではなかったけど、最初は巨人ファンでしたね」

MOBY「ご実家は目白の喫茶店で、王貞治さんのお兄さんのご自宅と近かったんですよね?」

古市「そう、ワンちゃんがうちの前に車を停めて歩いていくんですよ。よく捕まえてサインもらってました。ヤクルトファンになったのは小6の頃からで、よく信濃町とか遊びに出かけましたね。当時からあの街並みがおしゃれで好きだったんですよ。まさに東京っぽいところだなって思ってましたね」

川崎「当時ヤクルトファンなんて珍しかったんじゃないですか?」

古市「多分学校で俺1人だったんじゃないかな(笑)。あの頃のヤクルトは新聞を開いたら必ず6位でしたから。でも、そこが格好良かったんですよ」

川崎「あの頃の映像を見ると、外野は全然お客さんがいませんでしたよね?」

古市「そうそう、ガラガラでした。あの頃、パ・リーグも神宮球場使ってたんだよね。MOBY、どこの球団だった?」

MOBY「ロッテですね。南千住にあった東京スタジアムが使えなくなって、川崎に移転するまでは、1973年から77年まで公式戦の一部は神宮球場だったんですね」

古市「そっか、ロッテだったか。誰だったか外国人選手のホームランボールを取ってサインしてもらったんだよね。まあそんな感じで、昔からよく神宮球場に行ってたんですよ」

川崎「僕は高校の修学旅行で日本青年館に泊まって、そこで初めて神宮球場に行きました」

古市「じゃあ、その頃からヤクルトに縁があったんですね」

川崎「そうですね。ここでやりたいなぁと思っていたんですよ。そしたら、ドラフトでくじを引いてくれて」

MOBY「でも、川崎さんも最初は大のジャイアンツファンだったって聞いてますよ」

川崎「そうです。大のジャイアンツファンです!」

一同(笑)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」