野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【野球と音楽・特別対談】ギター番長・古市コータローが元燕エース川崎憲次郎に明かす、熱きヤクルト愛

野球と音楽――。ほとんど接点を持たない2つの別世界に見えるが、意外や意外、野球界にはコアな音楽好きが多く、音楽業界にも熱狂的な野球ファンが溢れている。その2つの世界を融合させようというのが、おなじみのラジオ番組、Full-Countプレゼンツ「NO BASEBALL, NO LIFE.」だ。

対談を行った成瀬英樹氏、川崎憲次郎氏、オカモト”MOBY”タクヤ氏、古市コータロー氏(左から)【写真:荒川祐史】
対談を行った成瀬英樹氏、川崎憲次郎氏、オカモト”MOBY”タクヤ氏、古市コータロー氏(左から)【写真:荒川祐史】

野球と音楽の共通項は酒!? 「コータローさん曰く、男は毎日が二日酔いだと」

MOBY「コータローさんの記憶に残るスワローズって、いつですか?」

古市「やっぱりなんてったって92年、93年ですよ。毎日のように神宮球場に行ってましたから。確か冷夏で寒かったんですよ。夏でもGジャン着て見てました。あれは93年だったかな?」

MOBY「そうですね。僕は高校2年で食べ盛りなのに冷夏で不作による米不足の煽りで家に米がなくて、しょっちゅう牛丼屋に行ってました」

川崎「確かに『米騒動』ありましたね。あれって93年だったんだ。当時は野球で頭がいっぱいで、世間の動きなんか、ほとんど記憶にないんですよ。だから今言われてみて、そうだったんだって思い出しましたね」

古市「涼しかったから投げやすかったんじゃないですか?」

川崎「確かにそうでしたね。ちなみに球場でお気に入りの球場メシはなんでした?」

古市「神宮球場はね、なんだろう? カレーもあったけど、キリンのラガーとちくわのセットがあって、そればっかりでしたね(笑)。あと、牛丼好きなんで横浜スタジアムに行くと吉野家でしたね。後楽園球場は肉うどんでした」

一同(笑)

MOBY「ところで、川崎さんはTHE COLLECTORSはご存知でしたか?」

川崎「もちろんです。ただライブに行ったことがなくて」

古市「ぜひ来てくださいよ。大分だとT.O.P.S(トップス)というライブハウスでよく演りました。またお酒の話になっちゃうんだけど、川崎さんは大分だから麦焼酎とか飲みます?」

川崎「飲みますよ。大分は麦なんですが、最近まだ少ないですけど芋焼酎も出てきました。コータローさんもかなりお好きですよね?」

MOBY「コータローさん曰く、男は毎日が二日酔いだと(笑)」

一同(笑)

古市「もう神宮球場で、いくら使ったか(笑)」

川崎「ホントですか。焼酎派ですか?」

古市「基本そうですね。去年だったかアイスみたいなパックに入った氷結状の酎ハイがあったんですよ。それをチューチュー吸って野球観てたら、えらい酔っ払いましたよ」

川崎「ハハハ(笑)」

古市「川崎さんは現役の頃はどうでしたか? 昭和の野球選手はよく飲んでたって聞きますよね」

川崎「僕も飲んでましたよ(笑)。当時は当たり前のように二日酔いの選手がいました。試合前にみんなカッパ着て走って汗かいてましたね」

古市「日本シリーズの時はどうでしたか?」

川崎「当時はホテルに全員、軟禁状態でしたから。でも、今だから言えますけど、飲んでた人はいるでしょうね(笑)。僕は日本シリーズの前から10日間くらい全く熱が下がらなくて、実は日本シリーズも点滴を打ちながら投げていたんです。それで優勝して、ビールかけをやって、もういいやと思って、ビールを飲んだら、翌日熱が下がったんですよ(笑)。結局、酒が足りなかったんでしょうね」

古市「僕も初めて武道館でライブをする前日は、酎ハイを11杯飲みました」

川崎「相当飲みましたね」

古市「嫌いじゃないんですよ(笑)」

一同(笑)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」