野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「流れを切りたくない一心」―愛知ディオーネの連敗止めたエース里綾実の決意

伏見桃山球場で5日に行われた女子プロ野球・春季リーグ愛知ディオーネ-埼玉アストライアは4-3で愛知ディオーネが勝利した。

5回から3番手で登板した愛知ディオーネ・里綾実【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
5回から3番手で登板した愛知ディオーネ・里綾実【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】

1点リードで登板したエースが快投、連敗を4で止める

 伏見桃山球場で5日に行われた女子プロ野球・春季リーグ愛知ディオーネ-埼玉アストライアは4-3で愛知ディオーネが勝利した。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 埼玉アストライアは今シーズンいまだ勝ち星のない磯崎、愛知ディオーネはプロ初登板初先発となった一尾が先発。試合前、一尾は「緊張はしますが、今の自分の持っている力を全て出し切ります」と意気込んだ。

 試合は2回表、愛知ディオーネが8番・御山のヒットなどで1死一、三塁のチャンスをつくると、1番・西山がピッチャー強襲のタイムリーヒットを放ち先制。さらに4番・三浦にもタイムリーが飛び出すなどこの回一挙4点を挙げ、プロ初登板の一尾を援護した。

 今シーズン初の3連勝を狙うアストライアは序盤こそ一尾を打ちあぐねていたが、4回裏に3番・加藤、4番・今井の連打などで無死二、三塁のチャンスを作ると、5番・みなみがレフト前に2点タイムリーヒットを放ち反撃開始。するとここでディオーネベンチは一尾から2番手・坂東にスイッチするも、内野ゴロの間に1点を加えられアストライアに1点差に迫り試合は後半戦に入った。

 ディオーネは5回から3番手にエース・里を投入。先頭打者にヒットを許すものの、次の打者を併殺に仕留めるなど、好調アストライア打線の攻撃を3人で退けると、6回も3者凡退と圧巻のピッチングを見せる。一方のアストライア先発・磯崎は序盤こそ失点したものの、持ち前の緩急を武器に尻上がりに調子を上げ、3回以降はディオーネ打線に得点を許さない。

 最終回、里は3イニング目のマウンドへ。連敗を止めるという強い決意がボールに宿ったのか、ここも3人で締め試合終了。愛知ディオーネが連敗を4で止めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」