野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元ロッテ岡田幸文が語る第2の野球人生 独立Lは「能力はあるが、対応力欠ける」

ルートインBCリーグ栃木の岡田幸文外野守備走塁コーチは球界でも珍しいロッテからの派遣コーチである。作新学院、日大、全足利クラブから2008年に育成選手としてロッテに入団。開幕前に支配下登録を勝ち取ると、守備の名手として2011年、2012年と2年連続ゴールデングラブ賞を受賞した。

BCリーグ栃木・岡田幸文外野守備走塁コーチ【写真:荒川祐史】
BCリーグ栃木・岡田幸文外野守備走塁コーチ【写真:荒川祐史】

ロッテから派遣されBCリーグ栃木でコーチを務めている岡田幸文氏

 ルートインBCリーグ栃木の岡田幸文外野守備走塁コーチは球界でも珍しいロッテからの派遣コーチである。作新学院、日大、全足利クラブから2008年に育成選手としてロッテに入団。開幕前に支配下登録を勝ち取ると、守備の名手として2011年、2012年と2年連続ゴールデングラブ賞を受賞した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 昨年10月8日の引退試合では59打席連続無安打の野手のプロ野球記録を樹立したが、その直後に2年、60打席ぶりの安打を放って掉尾を飾った。現役時代は妻と3人の娘が住む足利市の自宅を離れて、単身生活でプレー。昨季限りで現役を引退すると、球団の好意で栃木へと派遣され、足利市の自宅から車で通えるようになった。

 本拠地の小山市を中心に新潟、群馬、埼玉、茨城と遠征もあり、NPB時代とは大きく異なる環境に身を置く岡田氏。初打席から2501打席無本塁打、背番号にちなんで鉄壁の守備は「エリア66」と名付けられた岡田氏の第2の野球人生について聞いた。

――独立リーグのコーチを務めていますが、現役時代とギャップがあって大変では?

「裏方さんも含めて、大変お世話になってやってこられた。(栃木移籍は)球団の好意で、自分で望んだわけではないです。新潟への遠征は(選手と一緒に)バスで4時間。ナイターが終わるとそのまま帰ってきますが、栃木、埼玉は自宅から車で移動できます」

――教える立場になっての難しさは?

「理解も個人個人、選手によって(レベルに)違いがある。理解させるのが難しい。たとえば守備にしても、ある選手にはこういう伝え方とか、全員が同じ感覚では受けとってくれない。(選手個々の)能力に違いがあるので、自分でも勉強になります。正直今まで、感覚でやってきた部分があるが、それを教えるためには基本をしっかりしていかないと、こうしたらいいんじゃないかという、工夫も生まれない。みんなバッティングが好きなんですよ。それと同じくらい守備にも興味をもってもらいたい」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」