野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元DeNA北方悠誠を獲得のドジャース 決め手は160キロ超の球速と“野球への思い”

米大リーグ・ドジャースとマイナー契約を結んだ栃木ゴールデンブレーブスの160キロ超右腕、北方悠誠投手が30日、栃木・小山市内の栃木県民球団県南事務局で入団会見を行った。2度のNPB球団戦力外から、独立リーグを渡り歩き、つかんだ大きなチャンス。北方はチーム、ファン、両親らへの感謝の言葉を並べた。スピードボールが魅力だが、ド軍入りへの決め手となったのはその速さだけでなかった。

ドジャースとマイナー契約を結んだ北方(右)と祝福する栃木GB・寺内監督【写真:編集部】
ドジャースとマイナー契約を結んだ北方(右)と祝福する栃木GB・寺内監督【写真:編集部】

北方「打者の反応が楽しみ」 ビザが下り次第、渡米しメディカルチェックを受ける予定

 米大リーグ・ドジャースとマイナー契約を結んだ栃木ゴールデンブレーブスの160キロ超右腕、北方悠誠投手が30日、栃木・小山市内の栃木県民球団県南事務局で入団会見を行った。2度のNPB球団戦力外から、独立リーグを渡り歩き、つかんだ大きなチャンス。北方はチーム、ファン、両親らへの感謝の言葉を並べた。スピードボールが魅力だが、ド軍入りへの決め手となったのはその速さだけでなかった。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 日本の独立リーグから、160キロ右腕が海を渡る。夢を諦めなかった北方だったからこそ、つかんだチャンスだった。

 緊張気味に会見場に現れた北方は栃木GBの寺内崇幸監督をはじめとしたチーム、スタッフに感謝した。

「僕は(昨年)11月に栃木に来て、ずっと練習させてもらっていました。トレーニングをする場所もありましたし、ほとんど休みなくトレーニングさせてもらえたので、いいコンディションでシーズンを迎えられました」

「1月、2月から実戦、シート打撃、打者と対戦する機会をもらえたので、開幕まですんなり入れました。いっぱい試合に使ってもらえて、試合の中でいい状態を感覚を維持できたというのがあったので、使っていただいた監督、コーチには感謝をしています」

 北方には160キロの直球があっても「制球難」という言葉がついてまわっていたが、練習と登板を繰り返す中で、そのウイークポイントは改善されてきた。

 今後はビザが下りれば、渡米。米アリゾナのキャンプ施設に入り、メディカルチェックを受ける。その後、マイナーで登板機会のあるチームに入り、現場のコーチ、ファームディレクターらがチェックする。

 北方は「今はストレートの調子がいいので、それをストライクゾーンに腕振って投げたら、どんな反応をするか、それが楽しみですね。そこでまたいろいろ考えて、違うレベルアップができたらいいなと思います。1試合1試合大事に投げたいと思います」と高鳴る気持ちを抑え込みながら、抱負を語った。

 会見に同席したドジャースの日本担当顧問・鈴木陽吾氏の目に映った北方の魅力はスピードボールだけでなかった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」