野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

なぜ女子野球なのか? 1人の指導者が抱く思いと希望「1人でも多くの人に…」

今や野球は性別問わず、誰にでもプレー機会があるスポーツとなった。特に女子野球の分野は発展途上でまだまだ伸びしろがある。今回、女子軟式野球チーム「東京アンビシャス」などの監督として奮闘する小花利文氏に話を聞いた。

女子軟式野球チーム「東京アンビシャス」などの監督を務める小花利文氏【写真:豊川遼】
女子軟式野球チーム「東京アンビシャス」などの監督を務める小花利文氏【写真:豊川遼】

女子軟式野球チーム「東京アンビシャス」で監督を務める小花利文氏

 今や野球は性別問わず、誰にでもプレー機会があるスポーツとなった。特に女子野球の分野は発展途上でまだまだ伸びしろがある。今回、女子軟式野球チーム「東京アンビシャス」などの監督として奮闘する小花利文氏に話を聞いた。

 小花氏は神奈川県大和市出身。小学3年生から野球を始め、最初はプロ野球選手になることを目指していた少年だった。高校は地元・大和高校に進学して主に二遊間を守り、時には投手も務める万能選手としてプレー。その後は野球選手として区切りをつけ、日本体育大学への入学を決めた。

「高校2年生のとき、いつか高校野球の監督になって甲子園に行くことを夢見ていました。元々、後輩に教えることが好きだったので。それなら日体大で体育の教員免許を取って、高校生に野球を教えたかったのです」

 現役当時から既に指導者になることを考えていた小花氏は、希望通り日体大に入学。入学直後、高校で女子ソフトボール部に入っていた先輩と再会する。当時、彼女は日体大の女子野球部におり、以前から小花氏の進路相談にも乗っていた。ここで逆に先輩から女子野球部についての相談を受けることになる。

「先輩から『女子野球部で学生コーチを探しているのだけど、誰かやってくれる人いないかな?』という相談をされました。そのとき自分は『それなら俺がやろうか?』とノリで答えたのですが、気がついたら本当に自分がコーチをする雰囲気になっていました」

 当時の日体大女子野球部は日本一にも輝いた実績をもつ強豪チームだった。そこで小花氏は実際に練習を見に行くことに。そこではわずか週3、4日の練習のみで選手自身のライフスタイルを守りながら、日本一になった選手たちの姿があった。それまで小花氏にとって、部活は厳しい環境で毎日練習するものだと考えており、女子野球部の見学は今までの価値観を壊す出来事だったと振り返る。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」