野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「分かっていても前に飛ばない直球」を求めて 日体大・吉田が追う先輩の背中

日体大のドラフト候補・吉田大喜投手は、ドラフト会議を前に、自信と不安が入り混じっていた。「今の心境ですか。当日まで不安ですね」。自分が“プロに行ける”という自信は湧いてきているが、やはり、どの球団に指名されるのか、どんな評価をされているのか…ごく自然といえるような疑問が不安となって胸を締めつけていた。

ドラフト上位候補に名前の挙がる日体大・吉田大喜【写真:編集部】
ドラフト上位候補に名前の挙がる日体大・吉田大喜【写真:編集部】

ゆったりとしたフォームからホップする直球は圧巻 変化球の精度も高い即戦力右腕

 日体大のドラフト候補・吉田大喜投手は、ドラフト会議を前に、自信と不安が入り混じっていた。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

「今の心境ですか。当日まで不安ですね」

 自分が“プロに行ける”という自信は湧いてきているが、やはり、どの球団に指名されるのか、どんな評価をされているのか……ごく自然といえるような疑問が不安となって胸を締めつけていた。

 魅力はゆったりとしたフォームから繰り出される150キロ超えのストレート。映像にもあるように、ブルペン投球は圧巻だ。侍ジャパン大学日本代表にも選ばれた即戦力投手として評価は高い吉田だが、確固たる自信を得たのは「4年に入ってから」と、まだ期間は短い。そこにはプロに進んだ2人の先輩の存在が大きく影響していた。

 吉田は大阪の公立校・大冠高校出身。1年生の時からリーグ戦に登板も、まだ線が細く、プロを目指せるような体ではなかった。2年夏には右肘と左ハムストリングを痛め、秋の同年秋のリーグ戦の登板はなし。だが、その時に元中日で同校OBの辻孟彦コーチから「けが明けに成長するのがいい選手だ」という助言を受け、リハビリとその後のトレーニングで飛躍。今では最速151キロの直球、キレのある変化球を武器に、侍ジャパン大学日本代表に選ばれるほどの屈指の投手となった。

 目標としていたプロ行けるのではないか――。1年前の今頃はそんな実感は持てなかった。

「昨年のドラフト会議で松本(航)さん(現西武)と東妻勇輔さん(現ロッテ)がドラフトで指名されて……。あそこまでいけば、1位になれる、2位になれるという目標ができました。2人のように、4年生で先発する試合が増えてきたので自分も2人に近づけているのではないかなという自信が出てきました」

 松本はリーグ史上9人目の通算30勝をマークするなど、多くの試合に先発し、西武に1位指名された。東妻も先発にリリーフにとチームを支える投手となり、最速155キロをマーク。ロッテに2位で指名された。2人のように、とまではいかないが、吉田も4年生になって主戦でまわっていることが、1番の自信になっていた。

「松本さんは、練習を見ているだけで勉強になる。常に体と向き合って、ケアをしていました。プレーするだけが野球選手ではないので日常生活から勉強になりました。東妻さんは、どの練習メニューにも手を抜かない方。全力で取り組む姿勢の大切さを学びました」

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」