野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

女子プロ野球を退団する24歳の次なる舞台 「今後は楽しいと思える野球が…」

先月1日にリーグに所属する選手71人のうち、36人が退団すると発表した女子プロ野球。退団選手の1人である、宮城県出身の只埜榛奈内野手(埼玉アストライア)が1日、宮城県東松島市で開催された「宮城県知事杯・只埜榛奈旗争奪 第9回東北小学生女子野球交流大会」で始球式を務めた。来年からはクラブチームで野球を続ける予定で、「6年間、プロでやってきたことは無駄にしたくない。今後も女子野球に携わっていけたら」と女子野球の発展に思いを馳せた。

始球式を務めた只埜榛奈【写真:高橋昌江】
始球式を務めた只埜榛奈【写真:高橋昌江】

埼玉アストライアの只埜榛奈内野手が地元で始球式

 先月1日にリーグに所属する選手71人のうち、36人が退団すると発表した女子プロ野球。退団選手の1人である、宮城県出身の只埜榛奈内野手(埼玉アストライア)が1日、宮城県東松島市で開催された「宮城県知事杯・只埜榛奈旗争奪 第9回東北小学生女子野球交流大会」で始球式を務めた。来年からはクラブチームで野球を続ける予定で、「6年間、プロでやってきたことは無駄にしたくない。今後も女子野球に携わっていけたら」と女子野球の発展に思いを馳せた。

2018年侍ジャパン全カテゴリーの熱戦を振り返る トップチーム日米野球の圧巻勝利で幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 東北各県に北海道や東京、新潟からも集った“只埜榛奈旗”は今年、大会史上最多の23チームが出場した。約350人の選手たちが見つめる中、開会式後にマウンドへ向かった只埜。キーンと冷える中、手に息を吹きかけて軟球を投げ込んだ。大役を終え、「始球式はあまりやる機会がなく、軟球を投げるというのも緊張しました。ちゃんと真ん中に投げられるか不安でしたが、楽しかったですね」と笑顔を見せた。

 宮城県大崎市出身の只埜は兄の影響で小学5年の冬から「松山シャークス」で野球を始めた。松山中でも野球部に所属し、遊撃手で宮城県選抜入りも果たした。聖和学園高ではソフトボールに転向し、卒業後もソフトボールを続ける選択肢があったが、女子プロ野球の存在から野球への思いが再燃。ソフトボール引退後に1か月間、硬式野球を練習してトライアウトを受験し、合格を勝ち取った。「家族が一番、喜んでくれた。私以上に周りの方が喜んでくださった」と、宮城から初めてプロの世界に飛び込んだ。

 14、15年はレイアに所属し、投手と三塁手でプレー。その後は内野手としてフローラ、アストライア、ディオーネと毎年のように所属チームが変わり、今季はアストライアでプレーした。6年間で通算220試合に出場。打率.261の成績を残し、18年にはゴールデングラブ賞も受賞した。プロ生活を振り返り、「上手くいかないことの方が多かったなと思います。でも、プロになって初めて硬式野球をやりましたが、練習でできたことが試合でもできた時は嬉しかった。1年ごとに移籍したことでいろんなところで野球ができ、いろんな人と出会えたことは財産です」と話した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」