野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

指導者を表彰する「ベストコーチングアワード」誕生 現場で生かしたい医学の知識

指導者を対象とした新たな表彰制度が誕生した。一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会(SMCA)は15日、「エニタイムフィットネス Presents ベストコーチングアワード2019」の表彰式を行い、全国の少年野球チーム、中学生野球チームの中から、古い慣習にとらわれず最新の練習方法や教育を実践しているチームを表彰した。

指導者を対象とした「ベストコーチングアワード」の表彰式が行われた【写真:佐藤直子】
指導者を対象とした「ベストコーチングアワード」の表彰式が行われた【写真:佐藤直子】

一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会が制定、全41チームが受賞

 指導者を対象とした新たな表彰制度が誕生した。一般社団法人スポーツメディカルコンプライアンス協会(SMCA)は15日、「エニタイムフィットネス Presents ベストコーチングアワード2019」の表彰式を行い、全国の少年野球チーム、中学生野球チームの中から、古い慣習にとらわれず最新の練習方法や教育を実践しているチームを表彰した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

「ベストコーチングアワード」は全国の少年野球チーム、中学生野球チームを対象に、その指導方法に新しい評価基準を設け、実践しているチームを3段階に評価、表彰する日本初の試み。成長期にある小中学生に対して、指導者がしっかりとした知識を持ち、子供の将来を見据えた指導をしていると考えられる全41チームを表彰した。また、エニタイムフィットネス特別功労賞には、子どもたちの障害予防と無限の可能性の探究と育成を目指した画期的なルール「SUPER PONY ACTION 2020」を制定した一般社団法人日本ポニーベースボール協会が選ばれ、同協会理事長で元ヤクルトの広澤克実氏が出席した。

 表彰式には多数のゲストが出演。まず、肩肘を専門とし、これまで何人ものプロ野球選手の治療・手術を手掛けてきた慶友整形外科病院の古島弘三医師が講演。「医学知識を野球指導に生かす」をテーマに、成長期にある子どもたちに対して長時間練習させることの危険性、痛みを早く知るためのコミュニケーションの重要性、十分なリカバリータイムを取ることの大切さなどを説いた。

 古島医師が調べ、蓄積したデータによると、小中学生に肘痛を経験した子どもが高校生になって肘痛や肘の怪我を再発する確率は約46%で、小中学生で肘痛を経験しなかった子どもが高校生になって肘痛や肘の怪我をした確率約10%と大きく差がついた。また、骨や筋肉、関節が未発達な小中学生の体に過度の負担をかけると成長ホルモンの分泌が減少し、疲れが抜けずに体の成長が促されないばかりか、精神面での成長にも影響を与える可能性を示した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」