野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【社会人野球】指名漏れを経験した2投手をプロに 東芝平馬監督の指導方針とは

社会人野球の名門・東芝から今秋、2人のプロ野球選手が誕生した。西武のドラフト1位・宮川哲投手、中日の3位岡野祐一郎投手だ。宮川は上武大4年時に指名漏れを経験。岡野も社会人2年目の昨年、指名漏れを経験している。今年、揃ってプロ入りを果たした2人の成長について、2018年からチームを指揮する平馬淳監督に聞いた。

東芝・平馬淳監督【写真:篠崎有理枝】
東芝・平馬淳監督【写真:篠崎有理枝】

「暴れ馬」宮川を磨き上げ、西武のドラフト1位に

 社会人野球の名門・東芝から今秋、2人のプロ野球選手が誕生した。西武のドラフト1位・宮川哲投手、中日の3位岡野祐一郎投手だ。宮川は上武大4年時に指名漏れを経験。岡野も社会人2年目の昨年、指名漏れを経験している。今年、揃ってプロ入りを果たした2人の成長について、2018年からチームを指揮する平馬淳監督に聞いた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 平馬監督は宮川を初めて見た時、球速に魅力を感じた。しかしまだ社会人のレベルには達しておらず「時間がかかるな」と感じたという。

「暴れ馬ですよね。ただ球を速く投げていたというイメージです。大学からプロにいけなかったから『もっと頑張りたい。プロに行けなかったから頑張らなきゃいけない』と、がむしゃらになっていたのかもしれません。フィールディングやけん制がしっかりしていないと、試合では投げられない。試合で投げてもらうことを大前提に、そこにもしっかり取り組んでもらいました」

 ただ力いっぱい投げるだけでは、打者は球の速さを感じない。余裕をもって、8割くらいの力で投げればもっといい球を投げられると指導した。それから宮川は投球フォームの修正に取り組み、課題だった制球にも磨きをかけたが、チームのエースはあくまでも岡野だったと、指揮官は言う。

「宮川の勢いと力強さには期待していましたが、社会人もレベルは低くないですから、それだけでは打たれる。岡野は『ザ・エース』です。岡野が投げたらみんなが安心する。要所で初戦は投げてもらっていました。私生活や練習態度、マウンドさばきなど、取り組む姿勢も含めて見習いなさい『岡野のようになりなさい』という話はしてきました。ことあるごとに比較もされてきましたが、宮川もそれに応えて頑張ってくれました」

 宮川自身もタイプが全く異なり、状況に応じた投球ができる岡野の存在が大きかったと振り返る。社会人の2年間で評価を上げ、西武からドラフト1位指名を勝ち取ったが、まだ伸びしろがあると、平馬監督はプロでの更なる飛躍を期待している。

「まだ余力は残っているし、もっと球も速くなる。変化球でストライクを簡単に取れれば、プロでも通用すると思います。逆に、真っ直ぐだけでは難しい。変化球をしっかりコントロールできるようになれば、プロでも十分に抑えられると思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」