野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

川崎宗則との合言葉は「大変とは大きく変わること」 恩師が語る日米台で愛される男の素顔

かつてダイエー・ソフトバンク、ブルージェイズなどでプレーし、昨季は台湾プロ野球・味全ドラゴンズで兼任コーチとしてプレーした川崎宗則内野手。日本、米国、台湾と全てのリーグで愛され続ける男の魅力は一体、何なのか。今でも“師弟関係”で繋がる森脇浩司氏が語ってくれた。

今季は台湾で兼任コーチとしてプレーした川崎宗則【写真:Getty Images】
今季は台湾で兼任コーチとしてプレーした川崎宗則【写真:Getty Images】

台湾プロ野球・味全ドラゴンズで兼任コーチとしてプレーした川崎宗則

 かつてダイエー・ソフトバンク、ブルージェイズなどでプレーし、昨季は台湾プロ野球・味全ドラゴンズで兼任コーチとしてプレーした川崎宗則内野手。日本、米国、台湾と全てのリーグで愛され続ける男の魅力は一体、何なのか。今でも“師弟関係”で繋がる森脇浩司氏が語ってくれた。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 1999年のドラフト4位指名を受けダイエーに入団した川崎。当時、森脇氏は“薩摩のイチロー”を「線は細いが、将来のホークスを背負う存在になる」と感じ取っていた。何千、何万本とノックを受けても食らいつく芯の強さには目を見張るものがあり、デビューしてから1年は毎試合後に1日の反省と明日への準備と題しコミュニケーションを計ったが、日に日に目が輝き自主性、自発性が芽生え創意工夫するようになっていった。

「元気がありユニークな一面もあるが、そういった姿を見せられるのは誰にも負けない練習量、それを経た自信があるからでしょう。ムネの姿はホークス、メジャーに行っても何も変わっていない。ホークスを退団して台湾に挑戦したのもいかにも“ムネらしい”決断だった」

 2011年までソフトバンクでプレーし球界を代表する遊撃手に成長したが、同年オフにメジャー挑戦を宣言。地位と名誉を捨ててマリナーズとマイナー契約を果たした。ゼロからの挑戦にも川崎らしさが溢れていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」