野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“やらせる”から“考えさせる”指導へ 時代と共に変化していく野球の教育

野球だけではなく、高校スポーツの指導者に話を聞くと「近頃の子どもは、厳しく叱られたことがなく、甘やかされて育っているから、昔のような扱いはできない」という声が返ってくる。

時代背景とともにスポーツの指導も変わってきている
時代背景とともにスポーツの指導も変わってきている

教育や家庭、時代背景とともにスポーツの指導も変わっている

 野球だけではなく、高校スポーツの指導者に話を聞くと「近頃の子どもは、厳しく叱られたことがなく、甘やかされて育っているから、昔のような扱いはできない」という声が返ってくる。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 昔であれば、選手に命令口調で指導をすれば、それに従って動いたが「今の子供は、何を教えるのでも、なぜそうなのかを説明しなければならない」「少し厳しいことを言うと、ショックを受けるので厳しい口調で指導できない」――。だから、昔とは選手への接し方を変えているという。

 ベテラン指導者の多くがこうした認識を持っている。反対に言えば自分が受けた指導法が通用しないことに、戸惑っている人が多い。

 しかし、子どもの変化は教師や親が甘やかすようになったからではない。社会の変化とともに、教育のあり方が変わったからだ。

 まず、家庭では、コンプライアンス意識の高まりとともに、これまで「しつけの内」とされた親の叱責が、DV(家庭内暴力)や、パワハラと認定されるケースが増えた。家庭内であっても、子どもに対して暴力をふるったり、罵声を浴びせたりすることは良くないという認識が広まった。社会通念が変わったのだ。

 さらに日本の教育方針も変わった。

 文部科学省の学習指導要領は、高度経済成長期には「基礎学力の充実、科学技術教育の向上」など、知識や技術を身に着けさせることを目的に掲げていた。しかし、平成に入ると「社会の変化に自ら対応できる心豊かな人間の育成」が重要視されるようになる。さらに、最近は「基礎・基本を確実に身に付けさせ、自ら学び自ら考える力などの『生きる力』の育成」が大きな目標に掲げられている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」