野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

休部のピンチを実りある時間に 履正社女子野球部が取り組む「オンライン部活」

新型コロナウイルスの影響により、この春は日本各地で数多くの学校が休校となっている。それに伴い、休止となった部活動も多い。履正社高校女子硬式野球部もその1つだ。グラウンドで白球を追えない日々を、どう過ごしたらいいのか。チームを率いる橘田恵監督が選んだのは、オンライン会議システム「Zoom」を利用した「オンライン部活」の開催だった。

「オンライン部活」を開催する履正社高校女子硬式野球部・橘田恵監督【写真:本人提供】
「オンライン部活」を開催する履正社高校女子硬式野球部・橘田恵監督【写真:本人提供】

選抜大会が中止「今まで積み重ねたものを台無しにするのはもったいない」

 新型コロナウイルスの影響により、この春は日本各地で数多くの学校が休校となっている。それに伴い、休止となった部活動も多い。履正社高校女子硬式野球部もその1つだ。グラウンドで白球を追えない日々を、どう過ごしたらいいのか。チームを率いる橘田恵監督が選んだのは、オンライン会議システム「Zoom」を利用した「オンライン部活」の開催だった。

5度目のW杯出場は「目指します」 女子代表・川端友紀が特別な価値を置く場所(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2014年の創部から指導する橘田監督は、現役時代には仙台大で男子と一緒にプレーしたり、オーストラリアの女子チームでプレーしたり、好奇心旺盛に道を切り拓いていった人物だ。指導者としての経験も豊富で、2018年には侍ジャパン女子代表監督として、ワールドカップ6連覇を達成。履正社高では夏の全国大会で2度準優勝、春の選抜大会では1度優勝を飾っている。

「なんか立ち止まっていられないんですよね」と笑う行動派の橘田監督は、この新型コロナ禍による「グラウンドで部活ができない」というピンチでも動いた。そのきっかけとなったのは、選抜大会中止の知らせに涙した新3年生の姿だった。

「みんな泣いてましたよね。こっちがもらっちゃうくらいに。特に春は、辛い冬トレを乗り越えてきたっていうのがあるんですよね。そこでもう一度『夏に向かって頑張るぞ』と言っていたところで活動を自粛せざるを得ない状況になってしまった。3年目で今までやってきたことを披露するんだって、せっかく1年生から積み重ねてきたものを一瞬で台無しにするのはもったいない。選手はみんなLINEで連絡を取り合っているみたいなんですけど、顔や表情を見ながら一緒に何かをするのもすごく大事だと思って、オンライン部活を始めました」

 4月2日から始まった部活は、最初は15時、次に13時に始まったが、選手たちの希望で午前中になり、今では朝9時から11時まで週6日(火曜日が休み)行われている。部員51人と監督、部長、コーチらが自宅にいながらZoom上に“集合”し、練習に取り組む。慣れないオンライン部活。手探りだった初日は「とりあえず体育の先生らしくラジオ体操から始めました(笑)」。当初は、監督自ら練習内容を実演しようと思っていたが、わずかにタイムラグがあることにも気付き、今では事前に撮ったトレーニング映像や無料公開されているトレーニング動画などを利用して、少しずつ効率よく進められるようになった。

「自分自身がちゃんと準備をしておかないと大変ですね。普段の部活以上に準備が大切です。1対1のやりとりではないので、みんなが『今日、勉強になったな』と思えることが必要ですし、伝えることの難しさも痛感していますね。今まで体に触れながら『この動きやな』と教えていたのを言葉で伝えないといけない。難しいですね。あとは、選手は発言する時以外はミュートにしているので、理解したら両腕で丸を作ってもらうとか大きく頷いてもらうとか、そういった工夫は日々生まれますね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」