チームに必要不可欠な“スーパーサブ” 途中出場でも結果を残した選手は誰だ?

ソフトバンク・周東佑京(左)と日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・周東佑京(左)と日本ハム・杉谷拳士【写真:荒川祐史】

途中出場の打席リーグ最小も、今季来日7年目の助っ人が要所で仕事

 プロ野球の長い歴史のなかでも、スタメン9選手全員がシーズンフル出場をすることはまず考えられない。スタメンの選手が大きな脚光を浴びることは当然だが、控え選手の支えがあることでチームはシーズンを戦い抜くことができる。今回は、チームごとに途中出場選手全体の打撃成績を挙げ、途中出場で結果を残した選手を取り上げていく。

【西武】
○途中出場選手全体の成績
163打数28安打5本塁打27打点、打率.172 出塁率.261

○主な個人成績
メヒア内野手 51試合11安打4本塁打15打点、打率.239 出塁率.357
佐藤龍世内野手 39試合4安打1本塁打2打点、打率.222 出塁率.263

 西武は途中出場選手の打数がリーグ最少(163打数)だった。そのため、強力打者がそろう打線のイメージに反して、打率と打点もリーグ最少となっているが、裏を返せば、先発メンバーがフル出場できていたことの証明にもなる。今季は秋山翔吾外野手がメジャー挑戦のために渡米。2015年から5年連続フルイニング出場を果たしてきた穴を埋める新たなスタメンが見られるかもしれない。

 そんな中、試合途中からでも結果を残したのがメヒア。途中出場となった51試合は全て代打からの出場であり、特に楽天の守護神・松井裕樹投手に対して3本塁打、打率.750と相性が良かった。一方で、先発出場時には打率.195と悔しい結果に。昨オフに3年契約が終了したが、残留を決意しただけに自身も勝負の一年となる。同ポジションの山川穂高内野手を脅かし、先発出場を増やせるか。

 打席数こそ少なかったが、今季プロ2年目を迎える佐藤龍に注目。昨季は代打として4打席のみの出場であった一方、主に三塁手として途中出場を果たし、ルーキーながらも、シーズンを通して1軍の戦力となった。最後の出場となった9月26日の楽天戦では、途中出場ながらも2号ソロを放つ活躍も見せている。多くの途中出場で得た経験を、今度は先発出場で生かしたいところ。

鷹の韋駄天は途中出場から圧巻16盗塁、今季移籍の福田秀平も出色の成績

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY