「目の前で泣いてしまう子を何度も見た」 故障を隠す球児を救うのは指導者の意識改革

怪我を押してでも投げたいという球児は多い
怪我を押してでも投げたいという球児は多い

日本屈指のTJ手術執刀医・古島弘三医師に編集部が聞く10の質問・第10問

【教えて!古島先生10】
 新型コロナウイルスの世界的大流行に大きな影響を受けた野球界。開幕が大幅にずれ込んだNPBやメジャー、春夏の甲子園が中止となった高校野球、同じく大会が中止となった社会人、大学生に加え、小中学生もまたチームは一時、活動自粛となっていた。

 徐々にチームの活動が再開し、子どもたちに笑顔が戻ったが、一方でより強度の高い練習を行うようになり、故障のリスクにも注意を払っておきたいところだ。

 そこで「Full-Count」では、野球における肩肘の障害を専門とする慶友整形外科病院スポーツ医学センター長の古島弘三医師にオンライン取材を実施。「教えて!古島先生」と題し、気になる10個の質問をぶつけた。これまでトミー・ジョン手術(肘内側側副靱帯再建手術)を約700件も担当した日本屈指の執刀医が、分かりやすく教えてくれた答えとは……。

 インタビュー動画と合わせてお届けするシリーズ、第10問は「怪我を押しても夏の大会までどうしても投げたいという球児に出会った時、率直にどういう思いを抱きますか?」だ。

「手術を言われて目の前で泣いてしまう子もいる」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY