野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

PL学園出身、24歳プロ注目右腕が目指すNPB 「最後じゃなかったと証明したい」

2016年の夏を最後に休部扱いとなっているPL学園高校硬式野球部。春夏全国制覇7度の名門の誇りを胸に、今も高みを目指しているPL戦士たちが全国の社会人野球チームにいる。ミキハウスに所属する澁谷勇将投手もその一人。澁谷さんは同級生のオリックス・中川圭太内野手の言葉が夢へ向かう支えとなっていた。

ミキハウス・澁谷勇将投手【写真提供:ミキハウス】
ミキハウス・澁谷勇将投手【写真提供:ミキハウス】

オリックス・中川と同級生、社会人野球ミキハウスの澁谷勇将投手

 2016年の夏を最後に休部扱いとなっているPL学園高校硬式野球部。春夏全国制覇7度の名門の誇りを胸に、今も高みを目指しているPL戦士たちが全国の社会人野球チームにいる。ミキハウスに所属する澁谷勇将投手もその一人。澁谷さんは同級生のオリックス・中川圭太内野手の言葉が夢へ向かう支えとなっていた。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

「最後のPL戦士」――野球ファンなら、この言葉を聞くと、オリックスの中川圭太内野手のことが頭に浮かぶかもしれない。PL学園、東洋大を経て、プロ入りした2年目の内野手だ。2014年夏の大阪府大会、決勝まで勝ち進んだ時の主将で、決勝戦では全国制覇した大阪桐蔭に敗れた。

 当時は校長の正井一真さんが監督を務めるなど、話題となったが、甲子園にはあと一歩届かなかった。この年、背番号1を付けていたのは澁谷さんだった。

 澁谷さんは関西国際大学を経て、ミキハウスに入社。プロ解禁2年目となる今年は勝負の年と位置付けていた。しかし、社会人野球も新型コロナウイルスの感染拡大で、スカウトへのアピールするはずの大会が中止になり、実戦の場を奪われてしまった。

「今年は覚悟を決めた1年でした。その前半戦で大事な大会がなくなってしまったのが自分の中で悔しい気持ちが大きいです。ここまで自分は実績を残してきたわけではないので、結果を出さないとステージに上がれません。でも、誰も同じ気持ちなので、この期間で自分に足りない部分を補い、成長できる時間にしようと思って、取り組みました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」