ソフト女子・宇津木HCが術後のエース上野の状態明かす 「ものすごく調子がいい」

ソフトボール日本代表・宇津木麗華ヘッドコーチ【写真:荒川祐史】
ソフトボール日本代表・宇津木麗華ヘッドコーチ【写真:荒川祐史】

7月22日は上野由岐子投手の誕生日、東京五輪の開幕戦予定だった

 13年越しの金メダルへ――。日本ソフトボール協会は、22日、東京・ジャパン・スポーツ・オリンピック・スクエア内でソフトボール女子TOP日本代表チームの新ユニホーム発表、ならびに今後の強化活動についての会見を行った。会見にリモートで出席した宇津木麗華ヘッドコーチが、昨年に顔面にボールを受け、顎を骨折したエースの上野由岐子投手の現状を明かした。

 東京五輪が開催されていれば、7月22日が特別な日だった。開会式に先駆けて、福島・あづま球場でオープンニングラウンド・オーストラリア戦が開催。上野にとっては38歳の誕生日でもあった。大会は来年の7月21日に延期。スタッフ、選手たちは1年後に向けて、気持ちを新たにした。代表ユニホームも一新し、会見では山田恵里選手が昇る太陽をイメージした真っ赤なユニホームを着用し、お披露目した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、4月3日に予定されていたメンバー発表も延期に。候補選手たちが集まることもできないため、協会もコーチたちも選手たちの現状を知ることに時間を要している。

 中でも気になるのが、上野の現状だ。

 昨年4月に日本リーグ戦に打球が顔面を直撃。その後、手術を受け、患部にプレートを埋めた。リハビリを経て8月に復帰。今年6月にそのプレートを取り除く手術を受けていたことを指揮官が明かした。

患部固定のために入れたプレートを除去する手術を受けた

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY