野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

112球完封→連投救援 早大ドラ1候補・早川起用の裏側「スカウトの顔ちらついたが…」

東京六大学秋季リーグ戦は4日、早大が終盤に法大に追いつき、6-6で引き分けた。前日に112球を投げ、13奪三振で完封したドラフト1位候補左腕・早川隆久(4年)が救援で連投。2点ビハインドの8回1死満塁でピンチを断つと、直後に打線が追いつき、価値ある勝ち点「0.5」をたぐり寄せた。

法大戦の8回1死満塁から好救援した早大・早川【写真:編集部】
法大戦の8回1死満塁から好救援した早大・早川【写真:編集部】

法大戦で連投、8回1死満塁で火消し「チームを勝ちに導きたかった」

 東京六大学秋季リーグ戦は4日、早大が終盤に法大に追いつき、6-6で引き分けた。前日に112球を投げ、13奪三振で完封したドラフト1位候補左腕・早川隆久(4年)が救援で連投。2点ビハインドの8回1死満塁でピンチを断つと、直後に打線が追いつき、価値ある勝ち点「0.5」をたぐり寄せた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 早川の名前がコールされると、客席がどよめいた。前日に112球を投げたマウンド。8回1死満塁、しかも4-6とビハインドされた状況だ。しかし、早大のエース兼主将は「勝ちたい」という情熱とともに、もう一つ、気持ちを持っていた。

「抑えたら、絶対に流れが来る」

 対するのは、法大の主将・中村迅(4年)。最速155キロの直球がこの日は150キロに届かない。得意のカットボールを捨て、ストレート狙いでいることを感じていた。にもかかわらず、フルカウントから首を振って投じたのはストレート。その裏には、勝ち気な狙いがあった。

「カットボールを捨てている中で直球で三振を取れれば、勢いに乗れる。変化球で四球になったら後悔する。多少甘くても、強いボールを投げよう」

 敢えて、相手が狙っているストレートで演じた勝負。外角に投げ込んだ149キロに中村のバットは動かない。見逃し三振――。球場を沸かせると、次打者も初球の直球で遊邪飛に打ち取り、ピンチを脱出した。派手なガッツポーズで感情を爆発させた。

 そして、早川の「抑えたら」の言葉通り、風は“都の西北”に吹き始めた。

 先頭が四球で出塁すると、早川がきっちりとファーストストライクを犠打で送り、続く熊田任洋(1年)が適時三塁打。ここで、こちらも前日に先発し、138球を投げている法大のエース・鈴木昭汰(4年)が連投で救援したが、初球を代打の福本翔(3年)が同点の適時二塁打とした。

 9回もマウンドに上がった早川は四球を1つ出したが、25球で無失点。1回2/3を無安打3奪三振の内容で引き分けに持ち込んだ。

「負けたくなかった。あれ以上、追加点を与えてしまうと一気に法政の流れになってしまう。昨日も自分から打てていなくて『打ちたい』という法政の勢いをすごく感じた。点を取られていたら試合が終わると感じていたから受け身にならず、攻撃的に行けた。それが良かった」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」