野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ドラ1候補・栗林良吏のフォークは「マー君みたい」 元鷹捕手が絶賛する勝負球

今秋のドラフトで1位指名候補として注目を集めているトヨタ自動車の栗林良吏(りょうじ)投手。チームメートには横浜、ソフトバンクでもプレーした細山田武史捕手がいるが、16年にトヨタ自動車を都市対抗野球初優勝へと導いた元プロ捕手は、栗林のその能力の高さをどう見ているのか。そして女房役として何を教えてきたのか。10月26日のドラフトを前に話を聞いた。

トヨタ自動車・栗林良吏【写真:荒川祐史】
トヨタ自動車・栗林良吏【写真:荒川祐史】

横浜、ソフトバンクでプレーしたトヨタ自動車・細山田がドラ1候補・栗林を語る「頭のいい、野球勘がいい選手」

 今秋のドラフトで1位指名候補として注目を集めているトヨタ自動車の栗林良吏(りょうじ)投手。チームメートには横浜、ソフトバンクでもプレーした細山田武史捕手がいるが、16年にトヨタ自動車を都市対抗野球初優勝へと導いた元プロ捕手は、栗林のその能力の高さをどう見ているのか。そして女房役として何を教えてきたのか。10月26日のドラフトを前に話を聞いた。

【動画】他では見られない!迫力のブルペン映像 社会人No.1、トヨタ自動車・栗林良吏の実際の投球

 08年のドラフトで横浜から4位で指名され、早大からプロ入りを果たした細山田。09、11年には横浜で主戦捕手としての座をつかんだ。その後、14年に育成選手としてソフトバンクに入団。翌15年に支配下選手登録された。そしてその年のオフに戦力外となると、社会人のトヨタ自動車に入社。今年で5年目を迎える。現在34歳。ベテランの域に達した細山田は、今も縁の下の力持ちとして、ブルペンでトヨタ自動車の投手陣を支えている。

 そんな細山田が初めて栗林のボールを見たのは、まだ栗林が名城大でプレーしていた時だった。オープン戦で名城大と対戦した細山田は、打席で見た栗林の直球を、今でもはっきりと覚えているという。

「内角の直球に手が出なくて三振しました。僕、対戦した人の名前ってほとんど覚えないんですけど、その時の投手が栗林だったっていうのは覚えていた。トヨタ自動車に来た時も、球がめちゃくちゃ速いなと思ってブルペンで受けていました。とにかく直球が速いという印象でしたね」

 栗林の現在の持ち球はカットボール、カーブ、フォーク。だが、トヨタ自動車に入社した当時はカーブではなくスライダーを投げていた。

「カットボールはいつでもストライクが取れる。スライダーは打たれそうなので、やめた方がいいと言いました。フォークは去年は落ちがあまり良くなかったんですが、今年になってとてつもなく良くなった。今年はいいところからギュンって落ちる。落差がある。直球にカーブがあって、このフォークが加わったので、今年は打たれない、手をつけられないだろうなと思っていました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」