野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「それなら点差を離せ!」 秋の東京六大学が生んだドラマ、1人の登板を巡って…

東京六大学秋季リーグ戦は31日、明大が東大に9-3で快勝した。DeNAからドラフト1位指名され、注目を集めた入江大生投手(4年)が6回無失点と好投。しかし、その裏で一人の投手の登板を巡り、秋の学生野球らしいドラマが繰り広げられていた。

初回に打者を三振に斬り、雄たけびを上げる明大・入江大生【写真:荒川祐史】
初回に打者を三振に斬り、雄たけびを上げる明大・入江大生【写真:荒川祐史】

DeNAドラ1入江が登板の明大、大量点にこだわり東大戦を戦ったワケ

 東京六大学秋季リーグ戦は31日、明大が東大に9-3で快勝した。DeNAからドラフト1位指名され、注目を集めた入江大生投手(4年)が6回無失点と好投。しかし、その裏で一人の投手の登板を巡り、秋の学生野球らしいドラマが繰り広げられていた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 優勝はもうない。それでも、明大打線はしつこく粘り、安打を積み重ねた。5回までに4点を奪うと、6、7回には粘って四球を選び、相手の失策も絡み、一挙5得点。計10安打で今季最多タイとなる9点を奪った。ここまで必死にプレーしたのはワケがある。

 DeNAから1位指名を受け、ドラフト会議後、初の登板で6回無失点と好投したエース・入江が自身の投球を振り返り、言った。

「それ(ドラフト)まではいろんな重圧がありました。今日はまた違った球場の雰囲気を感じていて、本来のピッチングではなかったけど、要所を抑えることができて4年生につなげられたことが良かったです」

 口に出した「4年生」。それは9-0の9回に4番手で登板した金光勇介投手のこと。4年間の最終カードにして、迎えたのがリーグ戦初登板。大分の古豪・大分上野丘高出身の右腕だ。

 田中武宏監督が経緯を明かす。

「僕自身はそういうことは考えてなかったんです。選手たちで話し合って、4年生から(金光を登板させたいと)提案がありました。『それなら、点差を離せ!』と選手たちに言ったんです。1、2点なら入江が最後まで投げていたでしょうから」

 最終カードに向け、指揮官は主将の公家響内野手(4年)に誰をベンチ入りさせるか、相談したという。その中に金光の名前があった。4年生はどうしても投げさせたかった。それは、金光に受けた恩があったから。

 監督から相談を受けた公家は言う。

「金光はデータのミーティングをする時も自分の時間を使って分析をしてくれて、自分たちが気づかないような相手の投手や打者の特徴を細かく春から伝えてくれていました。感謝の気持ちでいっぱい。なので、最後はどうしてもマウンドに立って欲しいという気持ちでした」

 だから、得点を挙げるために意識を統一した。投手である入江も、その一人だ。

「バッティング練習もただ打つのではなく、ボールを長く見て、うちらしく逆方向をチーム全員で徹底しました。その結果が今日の安打数につながったし、明日につながったと思います」

 こうして9点差がつき、背番号41の登板機会が用意された。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」