野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「それなら点差を離せ!」 秋の東京六大学が生んだドラマ、1人の登板を巡って…

東京六大学秋季リーグ戦は31日、明大が東大に9-3で快勝した。DeNAからドラフト1位指名され、注目を集めた入江大生投手(4年)が6回無失点と好投。しかし、その裏で一人の投手の登板を巡り、秋の学生野球らしいドラマが繰り広げられていた。

9回に登板機会が巡ってきた明大・金光勇介【写真:荒川祐史】
9回に登板機会が巡ってきた明大・金光勇介【写真:荒川祐史】

金光の登板機会を用意した選手たちに監督「大したものだなと」

 入江は気温が低く、マウンドもいつもより柔らかいなど、自分が投げて感じたことを伝え、「あとは雰囲気を楽しんで頑張れ」と送り出した。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 金光は硬くなったのか、先頭から3者連続四球で満塁のピンチを背負った。それでも、続く打者を中犠飛、三邪飛で1点を失いながらもアウト2つを奪取。直後に連打を浴び、2/3イニングで無念の3失点降板となったが、大切なことは結果じゃないと選手の言葉が示していた。

公家「点を取られてしまったけど、マウンドを降りる時にスタンドに来ていた部員たちから大きな拍手が上がっていたので、内容どうこうより最後に金光につなげたことが良かったです」

入江「僕にとっては結果はどうあれ、金光につなげたことが今日の一番の収穫。本当に一生懸命に腕を振って投げていて。なんというか感慨深くて、少し感動してしまいました」

 そんな学生野球らしい選手の絆と行動力を目の当たりにして、田中監督もどこかうれしそうだった。

「試合に勝つのは大前提。日頃、見えない場所で努力をしている者もいる。その中で金光の名前が挙がった。いろんな形で貢献してくれた選手がいるし、展開によっても実際に試合で出せるかどうかは分からない。しかし、今日は野手陣が学年関係なく、その思いが伝わったんじゃないか」 

 その上で「自分たちで言ってきて、実行した選手たちは大したものだなと思います」と労った。

 繰り返すが、優勝はもうない。それでも、東京六大学の最終カードで1人の仲間に晴れの舞台を用意するために団結した記憶は、金光はもちろん、選手たちにとって生涯忘れられないものになるだろう。

 そして、今日、11月1日が最後の試合となる。

(神原英彰 / Hideaki Kanbara)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」