野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「親父の遺言みたいなもの」プロから社会人の異色の経歴を持つ苦労人・細山田の夢

横浜、ソフトバンクでプレーし、現在は社会人野球のトヨタ自動車でベテラン捕手としてチームを支えている細山田武史捕手。7年間のプロ野球生活を経て、今年でトヨタ自動車入社5年目となる。目標だった都市対抗野球優勝を実現し、34歳となった今も現役を続けている訳とは――。都市対抗野球開催を前に話を聞いた。

トヨタ自動車・細山田武史【写真:荒川祐史】
トヨタ自動車・細山田武史【写真:荒川祐史】

トヨタ自動車・細山田は異例の社会人入りから5年「日本一を目指そうと思った」

 横浜、ソフトバンクでプレーし、現在は社会人野球のトヨタ自動車でベテラン捕手としてチームを支えている細山田武史捕手。7年間のプロ野球生活を経て、今年でトヨタ自動車入社5年目となる。目標だった都市対抗野球優勝を実現し、34歳となった今も現役を続けている訳とは――。都市対抗野球開催を前に話を聞いた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 鹿児島城西、早大を経て、2008年のドラフト4位で横浜に入団した細山田。2009、11年は主戦捕手としてマスクを被った。2013年に戦力外を通告されると、同年オフに育成選手としてソフトバンクに入団。2015年に支配下登録された。だが、細山田はその年限りで戦力外通告を受ける。そして、選手として声を掛けてくれたトヨタ自動車で現役を続けることを決断した。

 トヨタ自動車から最初にオファーをもらったのは、ソフトバンクから戦力外通告を受ける約1か月前だった。捕手強化を考えていた当時の部長からの要望を受け、大学の先輩でもある佐竹功年投手が橋渡し役として細山田にラブコールを送った。だが、細山田は拾ってもらったソフトバンクに恩返しすることを理由に、断りを入れている。

 その1か月後、細山田戦力外のニュースが報じられると、佐竹は部長の命を受け、その日に再び細山田に電話。翌日、部長と監督が豊田から福岡に飛び、細山田に熱意を伝えた。当時、ソフトバンクは細山田に対し、戦力外と引き換えに、スコアラーかスカウトとして雇用するオファーも出していた。後々指導者になりたいのなら、その後押しもするとも言われていた。現役を引退したら指導者になることを考えていた細山田の心は、スタッフとしてソフトバンクに残る道に傾いていた。だが翌日、トヨタ自動車の2人と会い、気持ちが大きく揺らいだ。細山田は当時の心境をこう振り返る。

「(戦力外を通告され)ああ、これで引退するんだと頭をよぎった。引退する考えもありました。でも、まだやれるのなら、求められるところまで野球をやりたいなという思いもあった。トヨタ自動車には大学の先輩の佐竹さんもいるし、日本一を目指せるチーム。高校、大学で野球は経験したけど、社会人は経験していない。社会人で日本一になったらカッコいいなと思った」

 その後、ソフトバンクで当時、編成・育成部長を務めていた小川一夫氏から「本当にトヨタにいくのか?」と何度も引き留められたが、細山田の気持ちが変わることはなかった。「会社の母体も大きいし、しっかり家族を養っていける。やらせてもらおう、日本一を目指そうと思った」。当時はまだ珍しかった元プロ選手の社会人入り。だが、プライドが邪魔することは「1ミリもなかった」という。

 初めの頃は「社会人はクビになることはないので、意識の違い、崖っぷち感は低いかなという印象は受けた」という細山田。だが同時に、プロ野球とは違い、一発勝負のトーナメントを必死に勝ち上がっていかなければならない大変さも感じたという。年の離れた若手選手たちに交じっての練習にも、すんなり溶け込めた。

「ソフトバンク1年目の時は育成で、曽根(現広島)、上林、加治屋、石川たちとやっていた。若い子たちと一緒に厳しいところでやらせてもらったので、僕の中でもいい経験になった」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」