野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

NPB打者を空振り三振に… 夢への一歩を踏み出した“SNSナックルボーラー”の今

魔球・ナックルボールを武器にNPB、MLB入りを目指す佐野大河投手が夢への第一歩を踏み出した。今季から九州独立リーグ・火の国サラマンダーズに加入した佐野は21日、オリックス2軍との練習試合に登板し2回2安打1失点。SNSで話題を集めた右腕の現在地に迫った。

オリックス2軍との練習試合に登板した火の国サラマンダーズの佐野大河【写真:橋本健吾】
オリックス2軍との練習試合に登板した火の国サラマンダーズの佐野大河【写真:橋本健吾】

火の国サラマンダーズの佐野はナックルを武器にオリックス2軍相手に登板

 魔球・ナックルボールを武器にNPB、MLB入りを目指す佐野大河投手が夢への第一歩を踏み出した。今季から九州独立リーグ・火の国サラマンダーズに加入した佐野は21日、オリックス2軍との練習試合に登板し2回2安打1失点。SNSで話題を集めた右腕の現在地に迫った。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 佐野は千葉大学硬式野球部在学中に“フルタイム・ナックルボーラー”としてSNS上で注目を集め、ナックルを武器にプロ入りを目指すことを決意。大学3年時に退部すると2020年に関西独立リーグの堺シュライクスに入団。そして今年からは新興球団の「火の国サラマンダーズ」でプレーしている。

 NPB球団を相手に投げるのは人生初だった。「投げる前からワクワクしていた」と念願だったマウンドが訪れたのは3回。2番手としてマウンドに上がると2イニングを2安打1失点1奪三振。3四球と制球面で課題を残したが1軍経験もある勝俣翔貴内野手からは外角に沈む104キロのナックルで空振り三振を奪った。

「NPBはやっぱりスイングも速いし凄い。ですが、低めに集めたナックルはある程度、通用したかなと思います。一番の課題は制球力。どうしても高めに浮くと弾き返されるので」

 3回は先頭に四球を与えたが三ゴロ併殺、三ゴロと危なげない投球を見せたが、2イニング目となった4回は四球に連打を浴び無死満塁のピンチから犠飛で1点を失った。それでも続く勝俣を空振り三振、続く岡崎に四球を与えたがフェリペを三ゴロに抑え最少失点で切り抜けて見せた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」