野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

先輩から後輩へ繋ぐ想い 吉田えり、加藤優、甲斐綾乃が女子野球教室を開催

近年、子どもたちの野球離れが進む中、着実に競技人口を増やしているのが女子野球だ。いまや、小学生から男子と同じチームでプレーする女子選手の姿は珍しくない。一方で、中学や高校に進学する際、野球を続けるか、ソフトボールに転向するか、進路で頭を悩ませる女子選手が多いのも事実。そんな女子選手と保護者のサポートを願い、2月20日、DeNAが「女子野球選手向け野球教室&トークショー」を開催した。

参加者に分かりやすく、かつ熱心に技術指導する吉田選手【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】
参加者に分かりやすく、かつ熱心に技術指導する吉田選手【写真提供:横浜DeNAベイスターズ】

DeNA主催「女子野球選手向け野球教室&トークショー」に約40人の小中学生が参加

 近年、子どもたちの野球離れが進む中、着実に競技人口を増やしているのが女子野球だ。いまや、小学生から男子と同じチームでプレーする女子選手の姿は珍しくない。一方で、中学や高校に進学する際、野球を続けるか、ソフトボールに転向するか、進路で頭を悩ませる女子選手が多いのも事実。そんな女子選手と保護者のサポートを願い、2月20日、DeNAが「女子野球選手向け野球教室&トークショー」を開催した。

「圧倒的」な強さで世界一を目指す 侍ジャパン女子代表・中島監督がW杯7連覇に懸ける想い(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 会場となったのは、ファームの拠点「DOCK OF BAYSTARS YOKOSUKA」屋内練習場。講師を務めたのは、ナックルボーラーとして男子球界でも活躍した吉田えり選手(エイジェック)、ベイスターズのベースボールスクールコーチを務めながら、今年からアマチュア球界に復帰した加藤優選手(GOODJOB)、ベイスターズジュニア出身で現球団職員の甲斐綾乃さんの神奈川県出身の3人だ。

 第1部(小学生)と第2部(中学生)に分かれて行われたイベントには、野球またはソフトボールのチームや部活動に所属する小学1年生から中学3年生までの女子選手約40人が参加。投球(吉田選手)、打撃(加藤選手)、守備(甲斐さん)の各セッションをローテーションしながら、憧れの“先輩”から技術指導を受けた。小学生高学年や中学生になると高い技術を持つ選手も多く、3人の講師が驚く場面も。各セッションの終わりには質問コーナーも設けられ、子どもたちは日頃抱いていた疑問や悩みを解決するヒントを得た。

 選手向けの技術指導と同時に開催されたのが、保護者向けのトークショーだ。男子球界の中で道を切り拓いてきた吉田選手、ソフトボールに加え女子プロ野球とアマ野球の経験を持つ加藤選手、ベイスターズジュニアでは松井裕樹投手(楽天)と同期ながらエース番号を背負い、大学まで硬式野球を続けた甲斐さん。女子野球界を牽引してきた3人ではあるが、歩んできた道は違う。それぞれの体験を踏まえながら、野球を続ける楽しみ、厳しさ、進路選択をした背景など、経験者にしか語れない貴重な情報を保護者に伝えた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」