野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 海外
  • 田澤純一
  • 台湾・味全で奮闘する田澤純一 ただ1人の外国人守護神としてリーグトップ4セーブ

台湾・味全で奮闘する田澤純一 ただ1人の外国人守護神としてリーグトップ4セーブ

日本プロ野球より一足早く開幕した台湾プロ野球の主要トピックから、今季、味全ドラゴンズに入団した田澤純一投手のここまでの登板内容についても紹介。田澤は3月17日、開幕2戦目の中信兄弟戦、4-0とリードした9回に台湾プロ野球初登板を果たすと、2アウトから内野ゴロをさばいたショートが悪送球、二塁にランナーを進められたものの、後続を中飛に打ち取り、チーム1軍復帰後初勝利となる試合を締めた。

味全ドラゴンズに入団した田澤純一【写真提供:CPBL】
味全ドラゴンズに入団した田澤純一【写真提供:CPBL】

ここまで8試合に登板して4セーブ、防御率2.16をマークしている田澤

 日本プロ野球より一足早く開幕した台湾プロ野球の主要トピックから、今季、味全ドラゴンズに入団した田澤純一投手のここまでの登板内容についても紹介。田澤は3月17日、開幕2戦目の中信兄弟戦、4-0とリードした9回に台湾プロ野球初登板を果たすと、2アウトから内野ゴロをさばいたショートが悪送球、二塁にランナーを進められたものの、後続を中飛に打ち取り、チーム1軍復帰後初勝利となる試合を締めた。

 3試合目の登板となった3月23日の楽天戦では、7-4とセーブシチュエーションで登板、先頭の郭文嚴に二塁打を打たれたものの、林承飛を146キロの外角直球、藍寅倫を134キロのスプリットでいずれも空振り三振に切って取った後、梁家榮を左飛に打ち取り、初セーブをマークした。

 田澤は26日の富邦戦でも3-0の場面で登板、内野ゴロ3つに打ち取り、危なげなく2つ目のセーブを記録した。28日の富邦戦もビハインドの展開ながら1回2/3を無安打無失点、30日の楽天戦も3者凡退で3セーブ目をマーク、開幕6試合連続無失点と上々のスタートを切った。

 開幕から好調さを維持していることについて田澤は「春季キャンプから日が浅く、一部の打者はまだ試合のリズムに乗り切れていないかもしれない」と分析し、今後、自身の球種が研究がされていくなか、他の球種を加えたり、より良いストレートを投げていく必要があると、捕手とコミュニケーションをとっていく考えだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」