彦根東時代は甲子園で9回ノーヒット投球 慶大・増居翔太が操る“140キロの剛速球”

法大戦で先発し7回1失点と好投した慶大・増居翔太【写真:荒川祐史】
法大戦で先発し7回1失点と好投した慶大・増居翔太【写真:荒川祐史】

11日の法大戦に先発すると、7回を投げ6安打1失点11奪三振と好投

 甲子園でも好投した左腕が神宮の舞台でも躍動している。11日の法大戦で先発した慶大の増居翔太投手(3年)。10日に法大・三浦銀二投手(4年)に62年ぶりとなる「ノーヒットワンラン」を喰らった重苦しい雰囲気を振り払うような快投を演じた。

 初回、先頭の海崎雄太(3年)を2球で追い込むと、139キロの直球で空振り三振に仕留めた。その後、味方のエラーで走者を出すも、「次のバッター、次のバッターと切り替えて落ち着いて投げることができた」と、5番・後藤克基(4年)からアウトコースの直球で空振り三振を奪い、颯爽とベンチへ戻っていった。

 2回は3者連続空振り三振。堀井哲也監督も「あの回で今日は結構いけるんじゃないか」と好投を確信した。4回には先頭に二塁打を許すも、続く打者のバントで素早く三塁に送球してタッチアウトに。ピンチでも動じることなく、ポーカーフェイスで淡々とコーナーに自分のボールを投げ分け、打者を打ち取っていく増居のピッチングスタイルを存分に発揮した。

 6回には先頭の齊藤大輝(3年)に高く浮いた直球を左翼席に運ばれたが、その後はしっかりと切り替え、この回のアウトをすべて三振で取った。「体力的にはまだ全然いけたかなと思う」と、7回121球を投げて1失点。「調子は良くて、これまでの中ではかなりいい方」と納得のいく投球で、慶大の今季初勝利に大きく貢献した。

138キロの直球でも、バットが次々と空を切る

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY