「相当な選手になる」早大・小宮山監督も素質に惚れ込む1年生が神宮デビュー

初打席に立った早大・吉納翼【写真:小林靖】
初打席に立った早大・吉納翼【写真:小林靖】

3-10で大敗した立大戦で7回に代打で出場した吉納翼

 東京六大学野球は24日、神宮球場で2試合が行われ、早大は立大に3-10で大敗した。先発したエースの徳山壮磨投手が3回8安打6失点と崩れた。【市川いずみ】

 エース・徳山がピリッとしなかった。初回に大阪桐蔭の後輩である4番・山田健太(3年)に先制適時打を許すと、続く5番・東怜央(4年)には3ランを浴びて一挙に4失点。さらに、1死一、二塁のピンチを招くと、試合が始まってまだアウト1つにも関わらず、小宮山悟監督はマウンドへ向かった。

「ちゃんとやれ」

 指揮官がゲキを飛ばしても、なかなか制球は定まらない。3回を投げて死球が3つ。徳山はマウンド上で首をひねった。

「いいボールを投げられるピッチャーなのでそのボールを投げる感覚を取り戻すには真剣勝負のバッターに向けてじゃないと取り戻せない。数放ればある程度はまってくるもんなんだけど、それさえも今日はみつけられなかった状況なので、その辺のところがちょっと深いところまでいっちゃったかもしれませんね」

 調子の上がらなかったエースについて指揮官は冷静に分析した。

7回2死満塁での六大学初打席は空振り三振に…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY