「泣きそうでした」不振の立大・山田健太が復活弾 仲間と乗り越えた復調までの1週間

24日の早大戦で本塁打を放った立大・山田健太【写真:小林靖】
24日の早大戦で本塁打を放った立大・山田健太【写真:小林靖】

4番・山田健太が復調、立大は2017年春以来の優勝に向けて好スタート

 ガッツポーズがその1本の重要性を示していた。立大の山田健太(3年)は東京六大学野球・早大戦(24日)の第1打席で適時打を放つと、塁上で何度も両手を突き上げた。前週の法大戦で2試合、8打席で無安打。「チームの勝利に貢献できなかった」とチームの4番として不甲斐ない結果に終わっていたが、第3打席では本塁打までマーク。1週間の苦悩と光に迫った。【市川いずみ】

 第1打席で放った安打は仲間が打たせてくれた。爽やかな表情がトレードマークである山田の顔は、どこか暗いように見えたが、早大戦では別人のようにハツラツとプレーしていた。第3週を終え、ここまで3勝1分けの立大が首位に立っている。4番の存在は、その原動力となっている。

 1年春から立大の4番に座り、これまでに5本塁打、19年秋・20年秋はベストナインにも選ばれた。「ドラフト1位でプロに行く」ためには大事な1年。春季リーグ開幕前のオープン戦では、このオフに取り組んだ逆方向への本塁打を放つなど「いい感じ」に仕上がっていた“はず”だった。

 しかし、開幕してみると17日の法大戦で3打数2三振、翌日の試合も3打数無安打。明らかなボール球にもバットが出るなど、本人の言葉を借りれば「ノー感じ」。5番・東怜央の活躍などでチームが勝利したことが救いだったが、残り8試合を戦う上で4番の不振を解決することは急務だった。

 法大戦が終わるとチームメートが声をかけてくれた。その中で特に山田に寄り添ってくれたのが同じ3年生の稲葉悠、安藤颯人、学生コーチの伊東良起だった。

「1年生の時からいつも自主練に付き合ってくれて、1番自分のバッティングフォームを見てきてくれました。『いいときはもっとこうなってるよ』とアドバイスしてくれて、フォームを修正しました」

チーム内の“ライバル”が山田の復調を支える、ともにした時間が実る

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY