「楽天早川vsロッテ鈴木」ドラ1投げ合いの裏で…両投手の“後輩”法大・山下輝が快投

早大戦に先発した法大・山下輝【写真:小林靖】
早大戦に先発した法大・山下輝【写真:小林靖】

リーグ屈指の左腕が待望の今季初勝利

 東京六大学野球春季リーグ第4週の第2日が2日、神宮球場で行われ、法大が5-1で早大に勝利した。先発の山下輝投手が8回112球を投げ、被安打5、10奪三振の快投。初回こそ失策などでバタつき1点を失ったが、以降は得点を許さなかった。「真っすぐとカットボールが良かった。ランナーを出してから粘れたのが良かった」と納得の表情。加藤重雄監督も「今季1番良かったんじゃないかな。安心感がありました」とうなずいた。

 珍しくマウンド上で気持ちを前面に出した。「自分が声を出して投げたり、そういうことによって打線にも火が付くかなと」。鬼気迫る姿に、加藤監督も「マウンドでの唸り声は普段から聞いたことがない。きょうは気合が入っていた」と驚いていた。

 右のエース・三浦銀二と左のエース・山下の「2枚看板」を擁する法大。開幕からなかなか得点することができず、苦しい戦いが続いてきた。加藤監督も「もう少し打ってくれると思っていた」と嘆き節。しかし、この日は鬱憤を晴らすような12安打。マウンドで山下が見せる気迫に、打線も応えた。

裏では偉大な先輩がプロの舞台で投げ合っていた

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY