「この日のために準備してきた」“桜美林大を変えた”控えキャプテンのV打

桜美林大・松江京【写真:川村虎大】
桜美林大・松江京【写真:川村虎大】

0-0の7回チャンスで主将・松江が代打「打たなきゃヤバいと」

 単なる決勝打ではなかった。ずっとベンチを支えてきた主将のバットから生まれた快音に、意味があった。16日に等々力球場で行われた首都大学1部・春季リーグ戦。桜美林大は3-0で日体大に快勝し、通算6勝2敗で2016年秋以来2度目の優勝を視界に捉えた。殊勲者は、この春ここまで出場がなかった松江京(まつえ きょう)主将。選手、監督が揃って「松江のおかげ」と話すチームの支柱が、グラウンドでも主役になった。

 前日15日、日体大に2-4で敗れて5勝2敗に。2連敗となれば、日体大と勝率が並ぶ。なんとしても勝たなければいけない試合は、6回まで両チーム無得点の展開。空気が変わったのは7回1死一、三塁で、「代打・松江」がコールされた時だった。

「この日のために準備してきたようなものでした。ベンチを見たら、打たなきゃヤバいと思いました」

 松江は腹を決めた。日体大・筒井が投じた3球目を右中間へ。均衡を破る先制タイムリーとなった。勢いに乗ったチームはさらに2連打で2点を追加。守っては先発の多間が6安打6奪三振で完封した。

 たとえ試合に出ずとも、松江は“絶対的存在”。首位に立てているのも「松江のおかげ」と選手らからの信頼は揺るがない。ベンチで常にコミュニケーションを心がけ、時に厳しく接することも。苦しい時、ベンチから発する声が、グラウンドのナインを奮い立たせてきた。

チームはあと1勝で優勝確定も、松江は不在が決まっている

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY