自転車事故で脳震とう… 2週間欠場で苦しんだ桜美林大2年生、巻き返しの“V王手弾”

桜美林大が東海大に勝利し、30日に優勝をかけて帝京大との一戦へ【写真:川村虎大】
桜美林大が東海大に勝利し、30日に優勝をかけて帝京大との一戦へ【写真:川村虎大】

長嶋悠人が4打数2安打1本塁打2打点の活躍

 首都大学1部春季リーグは29日、3チームによる優勝決定戦が神奈川・サーティーフォー相模原球場で始まった。桜美林大が3-1で東海大に勝利し、30日に優勝をかけて帝京大と戦う。「7番・中堅」で先発出場した長嶋悠人外野手(2年)が4打数2安打1本塁打2打点の活躍で、悲願にあと1勝と迫った。

 一発が、流れを引き寄せた。2-1と1点リードで迎えた7回先頭打者として打席に立つと、東海大・高杉の直球を叩いた。打球は風に乗って右翼席へ。静かにダイヤモンドを1周したが、ベンチで皆に迎えられると、笑顔がこぼれた。

 チームに貢献できない日が続いた。リーグが開幕したばかりだった4月11日の帝京大戦後、自転車事故で脳震盪を起こし、欠場が続いた。「1週間以上野球ができなくて、悔しく、チームに申し訳ないなという気持ちがありました。復帰してからも、感覚が合わない状態が続いていて…」。同24日の筑波大戦で復帰してからも、22打数4安打、打率.182と苦しんだ。

 不振の長嶋を支えたのは、教育実習で不在の松江京主将(4年)だった。優勝決定戦の前週、ベンチ入りしていた試合で連絡をもらった。

主将からの一言に「だいぶ気持ちが楽になりました」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY