“女子硬式野球の父”が残した遺言 私財をなげうち、辿り着いた甲子園の夢舞台

全日本女子野球連盟副会長と全国高校女子硬式野球連盟代表理事を務める濱本光治氏【写真:伊藤秀一】
全日本女子野球連盟副会長と全国高校女子硬式野球連盟代表理事を務める濱本光治氏【写真:伊藤秀一】

四津浩平氏は1995年に日本で初めて女子硬式野球大会を開く

 第25回全国高校女子硬式野球選手権大会の決勝が8月22日、初めて甲子園で行われる。5校でスタートした第1回大会から四半世紀でたどり着いた夢の舞台。その実現には「女子硬式野球の父」と呼ばれた人物の“遺言”があった。全日本女子野球連盟副会長と全国高校女子硬式野球連盟代表理事を務める濱本光治氏がFull-Countのインタビューに応じ、女子野球の歴史と未来について語った。3回連載でお届けする。

 女子高校球児が初めて甲子園でプレーする。7月24日の開幕戦から8月1日の準決勝までは兵庫・丹波市で行い、決勝のみ男子の第103回全国高校野球選手権大会の休養日にあたる8月22日に甲子園で実施する。4月28日に発表されると、大きな反響があった。

「男性監督よりも女性監督の方が泣いて喜んだと聞いています。『甲子園の土の上で指揮を執ることを考えたこともなかった』と。多くの方が、見に行きたいと仰ってくださっています。明るくて元気で、男子とはまた違った女子野球の魅力を見ていただければと思っています」と濱本氏は穏やかな笑みを浮かべた。

 今は亡き四津浩平氏との約束をまた一つ果たした。四津氏は1995年に日本で初めての女子硬式野球大会「日中対抗女子中学高校親善野球大会」を開き、1998年に全国高校女子硬式野球連盟を設立した人物。私財をなげうって女子野球の発展に尽力し「女子硬式野球の父」と呼ばれている。

 濱本氏は2001年に花咲徳栄の女子硬式野球部監督を引き受けると、女子野球の歴史を知るために真っ先に四津氏の自宅を訪ねた。「それが私の人生を変える大きな転機になりました。これがなかったら今の自分はいないと思います」と言い切るほど運命的な出会いになった。

大会の滞在費、運営費は「家2軒分使ったということでした」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY