「遠くに飛ばすのはロマン」古田敦也氏が伝えたい、長所を伸ばすことの大切さ

古田敦也氏(左)と松井秀喜氏【写真:テレビ朝日、Getty Images】
古田敦也氏(左)と松井秀喜氏【写真:テレビ朝日、Getty Images】

直球についてのテーマから、一流プロ野球選手たちが一転「ロマン」の話へ

 野球の感覚を言語化し、子どもたちにもわかりやすくYouTubeで届けている元ヤクルト・古田敦也氏のYouTubeチャンネル「フルタの方程式」。少年野球の保護者や指導者たちに向け、育成のヒントが隠されている。このたび、公開された「良いストレートって何? 斉藤&五十嵐&古田の答え」の動画では技術を提供する一方で「遠くに飛ばすのはロマン」と熱く語るなど、長所を伸ばすことの大切さが伝わってきた。

 古田氏は元ヤクルト・五十嵐亮太さんと元ソフトバンク・斉藤和巳さんと、ボールの質について議論を交わした。これだけでも濃い内容だが、次第に熱が帯びていくと、子どもたちが憧れるプロ野球選手のあるべき姿を熱く語った。

「あんなに速い球を投げられない、あんなに遠くまで飛ばせない。だからプロ野球選手はすごいと興奮する。そのロマンを捨てたらいけない」

 例に挙げたのは、ソフトバンク・柳田悠岐外野手。時にヘルメットを飛ばす豪快なスイングで本塁打を放つ姿に「合わせ気味に打っても、スタンドまで運べるが、遠くに飛ばすのは打者のロマン」と語る。同じ本塁打でも、ポール際を狙ったり、力をセーブしたりするのは「プロとして駄目」と力説した。

 そして、古田氏は現役時代の球宴で、元巨人、ヤンキース・松井秀喜氏に「志が低いよ」と“忠告”したエピソードを披露した。理由は、松井さんが神宮球場で「ポンと当てて」左翼スタンドへ打球を運ぶから。古田さんは「数少ない150メートルを飛ばせる日本が生んだスーパースター。もっと振りにいかないと」と伝えた。ただ、松井氏は全く聞いていなかったと明かし、五十嵐さんも斉藤さんも笑顔で聞いていた。

(記事提供:First-Pitch編集部)

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY