牧秀悟の“鬼の形相”に「身震いした」 今秋ドラフト候補が放送室で一喝されたワケ

中大・森下翔太【写真:荒川祐史】
中大・森下翔太【写真:荒川祐史】

中大・森下翔太外野手は1年生の時からレギュラーで大学侍ジャパンにも選出

 下をうつむく自分はもういない――。東都大学リーグに所属する中大・森下翔太外野手は、今秋のドラフト候補として注目が集まる。東海大相模(神奈川)では1年生からレギュラーで、中大進学後も持ち味の長打力で1年生からスタメン出場、大学侍ジャパン入りも果たした。だが、内向的な性格から伸び悩む時期もあった。多くの叱咤激励を受けながら成長したスラッガーは、2学年上の先輩だった牧秀悟内野手(現DeNA)に一喝された日を決して忘れない。【楢崎豊】

 大きな弧を描いた打球に、鋭いライナー……。森下からスケールの大きさが伝わってくる。高校時代は1年夏からベンチ入り。秋には主軸を任された。3年春に甲子園出場。走・攻・守、三拍子揃った選手で、プロからも高い評価を受けていた。中大進学後も1年生の時に侍ジャパンのユニホームを着て、戦っていた。ドラフトイヤーを迎える今年、どのような成長があったのか。一番は『心』の部分が大きい。

「波が激しかったんです。感情の制御ができない部分がずっとありました。(凡退して)ベンチに帰ったら、落ち込んだり、声が出なくなってしまったり……。(不服な判定に)審判に対し、『それはボールでしょ!』みたいな感じも出していましたね」

 反省の弁が口を突く。次の打席への影響だけでなく、守備やチームの士気に関わることもあった。

 だから、よく指導者に叱られた。恩人として名前を上げる一人が、前東海大相模監督の門馬敬治氏だ。

「厳しい言葉をかけていただきました。それでも自分は1年生の時から試合に使ってもらっていました。言われ続けて、心が強くなっていった部分もあります。自分一人では、絶対にここまで来るのは無理でした」

 当時の門馬監督からは厳しい言葉だけではなく、優しい言葉もかけてもらった。だからこそ、期待に応えたい一心だった。向き合って、話をする時間が長くなればなるほど、それが愛情となって心に伝わってきた。進路を決める時も親身になって相談に乗ってくれた。

「もうさすがに(自分自身の内面を)変え、メンタルを強くしていかないといけない。そうでないと上のレベルで野球を続けることはできない、という話になりました。それは自分でも感じていました。バッティングや技術というよりも、そこ(メンタル)を一番に“治したい”というところが強かったです」

高校時代の恩師、門馬敬治監督の“絶妙な”タイミングでの声かけに感謝

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY