野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“全国最強”大阪でも深刻な野球離れ 高校部員数は全国ワースト3位の減少率

大阪府の高校は、2010年からの10年間で、夏の甲子園は4回、春も3回優勝している。大阪桐蔭や履正社などの強豪校を擁し「全国最強」の呼び声も高い。今年の選抜には大阪桐蔭と履正社の2校が選ばれた。しかし高校野球硬式部員の推移を見れば、実は深刻な「野球離れ」が進行している。

大阪府豊中市服部緑地公園で「第3回親子野球イベント」が行われた【写真:広尾晃】
大阪府豊中市服部緑地公園で「第3回親子野球イベント」が行われた【写真:広尾晃】

高校硬式野球部員数は、2010年の9029人から19年は6754人に減少

 大阪府の高校は、2010年からの10年間で、夏の甲子園は4回、春も3回優勝している。大阪桐蔭や履正社などの強豪校を擁し「全国最強」の呼び声も高い。今年の選抜には大阪桐蔭と履正社の2校が選ばれた。しかし高校野球硬式部員の推移を見れば、実は深刻な「野球離れ」が進行している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 日本高野連の発表によれば、大阪府の高校硬式野球部の部員数は、2010年には9029人だったが2019年は6754人。2275人も減った。減少率25.2%は、47都道府県の中でも福島県の26.9%、鹿児島県の25.7%についで3番目に悪い(全国平均は14.6%)。

 この背景には、小中学校の野球競技人口の激減がある。中体連の大阪府の軟式野球男子部員数は2010年の1万4479人が、2019年には8989人と38%の減少。スポーツ少年団の大阪府の軟式野球男子部員数は2010年の4704人が、2019年には2666人と実に43%も減少している。裾野が急速に減少していることが、大阪府の高校野球競技人口の減少につながっている。

 大阪府下では、目立った普及活動はあまり行われてこなかった。少年硬式野球団体が、選手を勧誘するために小学生に野球教室を行うことはあった。また野球塾や野球スクールはあるが、未就学児や小学校低学年に気軽に「野球の楽しさ」を教えるようなイベントは少なかった。

 1月25日、大阪府豊中市服部緑地公園で「第3回親子野球イベント」が行われた。これは近隣の未就学児や小学校低学年を対象とした入門イベントだ。

 参加したのは22組49人の親子。ストレッチなどの準備体操の後、年齢別に3つのグループに分かれてまずは親子対抗の軟らかいウレタンボールによるドッヂボールを行った。「球を投げる」「球をよける」という動きだが、「球をよける」練習が上達につながるという。

 続いて3組は、3つの体験に挑戦した。

○「捕る、投げる」
 ウレタンボールを大人が投げて子供が「よける」「帽子で叩き落す」「グラブで叩き落す」「グラブで捕球する」と段階を追ってボールの扱い方を覚えていく。初めてグラブを手にはめる子が多く、使い方がわからない子もいる。大人が親切に教えている。

○「打つ」
 ティーに置かれたボールを打ったり、大人が投げたボールを打ったり、「打つ」という動きを習得する。グリップの握り方やバットの振り方を教えながら、ボールを前に飛ばせるようにする。

○「試合」
 いわゆる「並びっこベースボール」。攻撃側はティーに置かれたボールを打って塁へ走る。守備側がボールを確保し、全員がその場所に集まって座るまでに、走者が塁から帰還できれば1点が入る。

 この3つを3グループが順番に体験していった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」