「契約がない中でも野球をやっている」田澤純一が球界復帰への思いを激白

レッズ傘下マイナーでキャンプインしたが現在は無所属となっている田澤純一【写真:佐藤直子】
レッズ傘下マイナーでキャンプインしたが現在は無所属となっている田澤純一【写真:佐藤直子】

今季はレッズ傘下マイナーでキャンプインも3月に契約解除

「12年ぶりに桜を見ましたよ」

 電話取材の途中、田澤純一はふと、こんな言葉を漏らした。12年ぶり。干支が一回りしてしまうのだから、かなりの歳月だ。

 例年、桜の時期には日本にいない。太平洋の反対側、アメリカで開幕を迎えているからだ。だが、今年は新型コロナウイルス感染症の世界的大流行の影響を受け、4月上旬に帰国。今は生まれ育った横浜市内でトレーニングに励む。

 帰国までは、米アリゾナ州で孤独なトレーニングを積んでいた。渡米12年目の今年は、レッズ傘下のマイナーリーガーとしてキャンプイン。だが、オープン戦での登板はわずか1試合にとどまり、3月11日に契約解除となった。

 次なる契約を求め、滞在していたアパートの施設や公園で練習に取り組んでいたが、この頃から全米で新型コロナウイルスが急速に感染拡大。「アリゾナに残るべきか、日本に帰るべきか。チームが決まっているわけではないので、なるべくアメリカで待機している方がいいのかなと思ったんですが、しっかりトレーニングできる環境についてギリギリまで考えて、帰国することにしました」と明かす。

 バタバタの帰国だった。アリゾナから車でロサンゼルスへ移動し、翌日の朝、空港に行くと「減便でキャンセルになったって言われました」。そこから急遽、航空会社を変更し、関西国際空港(関空)到着便に座席を確保。後ろの席に座った乗客は、宇宙服のような防護服で身を包んでいた。

 関空に到着するとPCR検査を受け、公共交通機関の利用を避けるため、迎えに来てくれた関係者の車で一路、横浜を目指した。検査結果は陰性だったが、2週間の自主隔離生活を送り、毎日体調を区役所に電話報告。人がほとんど出歩かない夜遅く、マスクを着けて散歩に出掛けた時、きれいに咲く桜に気付いた。

帰国後は日々の成長を求めてトレーニング 無所属も「今はそれどころじゃ…」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY