野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

球界に一石を投じる画期的な取り組み ポニーリーグが導入した子供を守る新ルール

アンダー世代の野球が、時代を映す鏡になり始めた。日本ポニーベースボール協会(ポニーリーグ)が主催する中学1年生以下の全国大会「第44回 全日本選手権ポニーブロンコ大会」が11日、東京・清瀬市で開催された。この大会では、昨年ポニーリーグが発表した画期的な取り組み「SUPER PONY ACTION 2020」が完全適用され、投球数にリミットを設定、変化球禁止、国際標準バット(USAバット)の導入、怒声罵声に対するイエローカードの掲出など、球界に一石を投じるルールに基づき、実施された。

USAバットが導入された「第44回 全日本選手権ポニーブロンコ大会」【写真:細野能功】
USAバットが導入された「第44回 全日本選手権ポニーブロンコ大会」【写真:細野能功】

全国大会で「SUPER PONY ACTION 2020」を完全適用、その目的は…

 アンダー世代の野球が、時代を映す鏡になり始めた。日本ポニーベースボール協会(ポニーリーグ)が主催する中学1年生以下の全国大会「第44回 全日本選手権ポニーブロンコ大会」が11日、東京・清瀬市で開催された。この大会では、昨年ポニーリーグが発表した画期的な取り組み「SUPER PONY ACTION 2020」が完全適用され、投球数にリミットを設定、変化球禁止、国際標準バット(USAバット)の導入、怒声罵声に対するイエローカードの掲出など、球界に一石を投じるルールに基づき、実施された。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 当初は千葉・成田市で開催が予定されていたが、台風14号の影響により開会式は中止。試合は1試合のみ、会場を清瀬市内のグラウンドに移して開催された。仙台ポニーと清瀬武蔵野ポニーズによる一戦は、仙台が1-0の接戦を制して勝利。就任したての仙台・斎藤勇希監督が感激の涙を見せる場面もあった。

 この大会で使用されたUSAバットは、従来の金属バットに比べて反発係数が低く、バットの性能に助けられて打球が遠くまで飛ぶことはない。木製バットと同じように、バットの芯でボールを捉えないと飛距離が出ないため、打撃技術のアップが見込まれる。仙台の斎藤監督はUSAバットについて「インパクトが全然違いました。(使いこなすのは)難しい部分もあると思いましたが、力のあるチームを相手に接戦に持ち込める。いい取り組みだと思います」と語る。

 昨年発表された「SUPER PONY ACTION 2020」は、子どもたちを故障から守り、将来大きく羽ばたけるようにサポートすることを目的とする。具体的には、1日の投球数リミットを60球と設定、1日での投手・捕手の兼任を禁止、変化球の使用を禁止、USAバットの使用義務づけなどが定められている。日本高等学校野球連盟では昨年、2020年の全国大会から1週間で500球以内という球数制限を導入する方針を決めたが、まだ体が成長期にあり、より骨や筋肉が未熟な子どもたちが対象となるポニーリーグでは、もう一歩踏み込んだルール制定に踏み切った。

 その背景には、ポニーリーグという団体が持つカラーもある。ポニーリーグの歴史は古く、1951年に米国で結成され、日本では1975年に協会を創立。世界では40か国以上に普及し、「Protect Our Nations Youth(国の宝である青少年の成長を守る)」という理念の下に活動している。日本では「球数制限」という言葉が持つマイナスイメージを払拭するため、積極的に投手の障害予防を図りつつ、多くの選手の中から投手としての才能を見出す取り組み「PONY SUPER PITCH」という発想の転換も提案している。

 具体的には「限られた球数の中で1人でも多くの打者をアウトにすること」「仲間を信じてマウンドを譲れる心を持つこと」などを推奨。「60球しか投げられない」「途中で交代させられた」というネガティブな視点ではなく、「多くの選手に投手をする楽しみを味わってもらいたい」というポジティブな視点を持つことを呼びかけている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」